【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

生徒会サミット

本紙掲載日:2019-01-15
3面
グループで学校の取り組みについて発表や意見交換をする生徒
読谷山市長に質問する生徒

公立中学校役員が意見交換

◆読谷山市長とトークセッション−延岡市

 延岡市内の全公立中学校生徒会が集う「生徒会サミット」がこのほど、市役所講堂であり、16校の生徒会役員32人が各校の活動紹介や読谷山洋司市長とのトークセッションなどを行った。主催は、同市中学校校長会(会長・神崎勝久延岡中学校長)。

 生徒会サミットは平成11年に始まり今回で20回目。松岡良一恒富中学校長が「学校の取り組みを積極的に出し合い、刺激しあって交流してほしい」。延岡中生徒会長で2年の山本彩さん(14)が「一人一人の個性を生かし、意見を出し合ってより良いサミットにしましょう」とあいさつした。

 6班に分かれて自己紹介した後、グループ内で生徒が資料を示しながら各学校の取り組みを説明した。

 各校の生徒は学校外の清掃、ペットボトルキャップ回収や募金といった地域貢献活動、あいさつ運動など多様な取り組みを紹介。聞いている生徒は他校と共通する点を発見したり、独自の活動を知って「とても良い活動。やってみたい」「その活動の中で大変なことは何ですか」などと意見や質問を交わした。

 また、今回初めて市長とのトークセッションが「魅力ある住みやすい延岡にするために〜ヒト・モノ・コト」をテーマに行われた。

 生徒は人口減少対策への質問や、交通整備や街灯の設置といった便利さや安全の向上への要望など積極的に意見を発表。「延岡から出て行く人を止めるためにどう活動しているか教えてほしい」「延岡のPRをどうしようと考えているか教えてほしい」などと質問した。

 読谷山洋司市長は進学や就職で市外に出る人が多いことに触れて「皆がまず延岡を好きになること、誇りに思うことが大事。一回外に出ることは悪いことじゃない。外で経験を積み、戻って来てやりたいことをやる場所に延岡がなることが人口流出を防ぐことになると思う」。

 市役所1階の市民スペースを提供して行われた障害者事業所の物品販売が好評だったことを紹介して「お金をかけなくても知恵と工夫でもっとできることが行政にはあると思った。そういうことを考えていきたい」などと丁寧に答えた。

 参加生徒を代表して北方学園中学校生徒会長で2年の中尾心美さん(14)が「多くの学校が地域との関わりを大切にしていて参考にしたい活動や行事があった。市長と対話ができたことはとても貴重で良い経験になった」と感想を述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top