【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

24年ぶり値上げか−タクシー料金

本紙掲載日:2019-01-11
3面
タクシー運賃改定申請などが報告された協議会

各社そろい、秋ごろの見込み

 県内のタクシー会社が国交省九州運輸局に運賃引き上げを申請したことが、10日分かった。今後は他社も追随し、秋ごろにも県内料金が上がる可能性が高まった。改定されれば平成7年以来、24年ぶりとなる。

 宮崎市であった宮崎交通・都城交通圏と延岡市のタクシー準特定地域協議会合同協議会(会長・辻利則宮崎公立大学教授)で報告された。

 運輸局は申請日から3カ月間となる3月13日まで他社からの申請を受け付け、全41社の総車両台数の7割以上に達すれば改定手続きを開始。現状が赤字収支と認められれば、各事業所の申請内容を精査して改定額を決める。

 県内各社は現在、1・5キロまでの初乗り運賃(小型車)を580円(下限560円)で設定。報告されたタクシー会社は90円値上げの670円とするよう求めている。申請する改定額は各社で異なる。

 同社社長の吉本悟朗県タクシー協会長は、運転手確保に向けた給与引き上げや老朽車両の更新、サービス向上のための講習などに充てる資金が足りないと申請理由を説明。10月の消費税増税でも車載メーターの切り替え費用がかかるため、「できれば同じタイミングで改定したい」と厳しい経営状況に理解を求めた。

 本県より運賃が1割ほど高い佐賀、長崎、大分、鹿児島県の事業所も相次いで値上げを申請。吉本会長は「まずは現在の他県並みに上げたい。割高感を感じているお客さまがいることは理解しており、改定されれば丁寧に説明していきたい」と述べた。

 協議会ではこのほか、宮崎交通圏が運輸局から「特定地域」の指定を解除され、延岡・都城と同じ「準特定地域」となったことが報告された。過当競争を防ぐなどの目的で特定地域は新規参入や増車を禁止しているが、準特定地域では許認可制としている。

その他の記事/過去の記事
page-top