【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新春のつどいと合同開催

本紙掲載日:2019-01-11
3面
逮捕制圧訓練

安心な街づくり推進協−日向署

 日向市安全で安心な街づくり推進協議会(会長・十屋幸平市長)の「新春のつどい」が10日、財光寺ショッピングセンターであった。同協議会や日向警察署、自主防犯ボランティア団体などから約150人が参加、110番の日でもあり、買い物客らに防犯意識や110番の適正利用を呼び掛けた。

 あいさつに立った十屋市長は、軽犯罪数は前年から大幅に減少していることを紹介し、「飲酒運転の根絶が課題。市民総ぐるみで啓発に努めていかなければならない」と話した。

 協議会顧問の四倉敏夫日向署長は、110番の正しい利用を呼び掛けた。仕組みについても説明。「会話中に既に出動していますので、焦らず落ち着いて対応をしてください」と呼び掛けた。

 その後、市内3保育園の園児が「道路や人けのない所で遊びません」「知らない人には付いていきません」などと宣誓。日向署による逮捕制圧訓練と白バイ走行訓練の披露、青パト隊の出発式もあった。

◆おだやさんが一日署長

 日向署では日向市出身の歌手おだや加奈子さんが一日警察署長を務めた。

 署長室で四倉署長から委嘱状の交付を受けた後、署の駐車場で通常点検に臨んだ。点検官として指揮台に立ち、署員らの整列や警棒の提示など機敏な動作を見守った。

 110番通報訓練では、「マルイチ財光寺店の駐車場に不審な2人組がいる」との通報を受けたことを署員が報告。おやだ署長は「はい分かりました。(署員を)向かわせてください」と現場急行指令を出した。

 署での訓練後は、「新春のつどい」に参加し、110番の適正利用などを呼び掛けるキャンペーンを行った。

 日向署によると、同署管内の昨年の110番件数は3317件で、そのうちいたずらや無応答など無効件数は884件だった。署員は「緊急を要する110番通報に対応できなくなりますので、相談や問い合わせなどは警察署や最寄りの交番などにお願いします」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top