【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

次世代新システムが稼働−宮崎太陽銀行

本紙掲載日:2019-01-09
1面

九州の第二地銀・6行と共同運営

 宮崎太陽銀行(林田洋二頭取)は、九州地区の第二地方銀行6行で共同運営する勘定系システムを次世代型へと移行し、4日から稼働開始した。ハードウエアや設備を共有しながらも、銀行ごとの専用サービスなどに柔軟に対応でき、システムの自由度確保とコスト低減が両立できるという。

 同行は福岡中央、佐賀共栄、長崎、豊和、南日本との「事業組合システムバンキング九州共同センター」で、コンピューターシステムを共同運営。今回の新型導入を機に、沖縄海邦銀行もセンターに加盟した。

 基幹システムはNTTデータ(本社・東京)が受託。今回導入した「BeSTAcloud(ベスタクラウド)」は先進性や拡張性、柔軟性に優れ、国内最高水準のバックアップ(復旧)機能も備えているという。

 平成26年のサービス開始以降、3銀行が利用しており、今回で10行に拡大。今後は端末ソフト「BeSTAlinc(ベスタリンク)」と連携して先進的な機能を継続的に提供するなどして、「変化し続ける営業店のニーズに応えていく」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top