【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

山登りの5区で力走

本紙掲載日:2019-01-05
9面
箱根駅伝に初出場し、「山登り」の5区を力走した高千穂町出身で大東文化大3年の佐藤選手=3日、東京都千代田区大手町

佐藤選手(大東文化大・高千穂町出身)箱根駅伝に初出場

◆重圧を力に「挑戦する価値ある」

 2、3の両日行われた第95回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)に、高千穂町出身で大東文化大3年の佐藤弘規選手(21)が初出場、5区(20・8キロ)で力走した。「山登り」の難所を駆け抜け、「生半可な気持ちで挑める区間ではないが、その分、いい経験、うれしい経験をさせてもらえるので、挑戦する価値はあると改めて思うことができた」と語った。

 佐藤選手は高千穂中から宮崎日大高へ進み、大東文化大の門をたたいた。

 同大学は箱根駅伝出場50回、総合優勝4回を誇る名門。「山の大東」といわれ、特に高低差874メートルを駆け上がる通称「山登り」の往路5区は、幾多の名ランナーを輩出している。

 5区を任された佐藤選手は22チーム中、1時間12分42秒で区間7位と好走。高千穂町の実家からは母親と姉が応援に駆けつけ、体力的に最もきつくなる最高点付近で声援を送った。

 チームは往路が5時間43分7秒で21位、復路が5時間36分41秒で14位、総合成績は11時間19分48秒で19位だった。

 「注目され、伝統の重みやプレッシャーも感じたが、それを力に変えて挑むことができたのはいい経験」と振り返った佐藤選手。さらに「もっと走力を上げて、山登り区間だけでなく平地の区間でもチームに貢献できるよう、目標をぶらさずに頑張りたい」と話し、目を輝かせた。

 今大会の県北関係では、美郷町出身で同大学4年の奈須智晃主将(22)=小林高出=が登録メンバー入りし、チームをまとめた。奈須主将は前回大会で山下りの6区(復路)を力走している。

その他の記事/過去の記事
page-top