【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

5日初競り−延岡綜合地方卸売市場

本紙掲載日:2019-01-05
1面
活気のある声が響いた延岡綜合地方卸売市場の初競り(5日午前、延岡市牧町)

大発会初荷並び活気

 正月の三が日も明け、新たな一年がスタートした。県北の青果市場や魚市場では5日早朝、初競りが行われ、活気ある風景が戻った。延岡市牧町の延岡綜合地方卸売市場(大保博司社長)では恒例の大発会が行われ、初荷の野菜や果物が競りに掛けられた。

 式典には同市場関係者に買い受け人、生産者、JA延岡、延岡市、県議会議員や同市議会議員ら約100人が出席。大保社長は、今年に予定されている統一地方選、消費税引き上げに触れて今年後半の厳しい状況を予測。日向の市場が閉鎖されたことを受け、「われわれに寄せられる期待はより一層大きくなり、そのニーズに応えられるよう努力しなければなりません。元号が変わることで、今までと違った動きも出てくるでしょう。情報収集能力を高めて、地域の皆さまの食の安全と安定供給に努めましょう」とあいさつした。

 買受人組合の山本富美雄理事長、読谷山洋司市長の祝辞に続き、同組合の宇和田武伯副理事長が音頭を取って三本締め。出席者全員が力をこめて手をたたき気持ちを新たにした。

 式典に続き競りがスタートすると、さっそく「初荷」と札が付いた野菜類の取引が行われた。野菜は地元産のネギやホウレンソウ、ブロッコリーなどが次々と競りに掛けられたほか、南方地区の早掘りタケノコも並び、競り人の張りのある声と、買い受け人のやり取りが、スタートを切った市場のにぎやかさを演出していた。

その他の記事/過去の記事
page-top