【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

食の商業施設−来年7月オープンへ

本紙掲載日:2018-12-21
1面
ステアーズ・オブ・ザ・シーの外観イメージ
改築が進む旧太平洋ドライブイン跡

にぎわい拠点目指し−旧太平洋ドライブイン跡

◆インテリア日向のグループ会社「一日中楽しめる場所に」

 日向市平岩の旧太平洋ドライブイン跡に、インテリア日向(三宅博社長、同市亀崎東)のグループ会社が来年、飲食店テナントの入る商業施設をオープンする。場所は国道10号沿いの海側に位置し、金ケ浜海岸を望む絶好のロケーション。県内外から人を呼び込める、にぎわいの拠点を目指し準備を進めている。

 施設の名称は「STAIRSOFTHESEA(ステアーズ・オブ・ザ・シー)」。インテリア日向の雑貨・衣料品店「アフランシール」のマネジャー・三宅信之さん(43)が手掛ける。商業施設を運営するためのグループ会社「ティースリーリポート」を6月に立ち上げた。

 施設は、築48年の現存する建物を生かした鉄骨造り2階建て。すでに改築に着手しており、1階には大手チェーンのカフェ、西日本初出店のハンバーガーショップ、ジェラート店、イタリアンなどのテナントが入る。

 こだわり農家の新鮮野菜や県内から選りすぐった総菜コーナー、土産物の販売スペースも設置。メインターゲットは30代以上の男女で、アフランシールで取り扱っている雑貨とは異なる商品も並べ、差別化を図る。

 2階にはチャレンジショップとしても利用できる貸し出しスペースを用意。海側にある芝生広場も活用し、モニュメントを設置したり、多くの来場を見込む休日には、ヨガや音楽イベントなども企画する。オープンテラスなどには計210座席を備え、景色を楽しみながら購入したものをその場で味わえる。

 総工費は約3億円。年間の売り上げ目標は2億8000万円。来年7月ごろオープンの見込みで、地元を中心に約20人を新規雇用するという。

 ステアーズ・オブ・ザ・シーは、直訳すると海の階段。「施設内は階段を多用したデザインになる。訪れた人に自分のお気に入りの場所を見つけてほしい」と三宅さん。「子どもの頃、ここに立ち寄って食事したり、思い入れのある場所だった。人が集まり、一日中楽しめる場所にしたい」と語る。

 市は現在、サーフスポットなど恵まれた自然環境を生かしたまちづくりに取り組んでおり、金ケ浜周辺ではカフェやゲストハウスができるなど、市の推し進める施策を商機と考える動きも徐々に出てきている。

 三宅さんは「行政の取り組みは開業の後押しになった。いろんな人と手を取り合って、子どもの頃に感じた、かつてのにぎわいを取り戻したい。2年後に東京五輪を控え、サーフカルチャーの盛り上がりにも期待している。日向の新たな観光名所として、地域活性化につながれば」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top