【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

九保大、4連覇果たす

本紙掲載日:2018-12-18
9面
少年2部優勝の西臼杵
少年1部優勝の黒潮
中学の部優勝のフォルトゥナ延岡
高校の部優勝の延岡学園
一般の部優勝の九州保健福祉大学

延岡市サッカー選手権

◆一般−高校は延岡学園V2

 少年から一般までの延岡ナンバーワンを決する「第44回延岡市選手権大会」の総合決勝が16日、同市西階陸上競技場で行われた。一般の部は九州保健福祉大学が4連覇し、高校の部は延岡学園が連覇を達成。中学の部はフォルトゥナ延岡が8連覇を成し遂げ、少年1部は黒潮、2部は西臼杵が制した。

【少年2部】
▽Aパート
延岡東6―0城山、西臼杵7―0城山、延岡東1―1西臼杵

▽順位
\庄欝廊延岡東城山

▽Bパート
西階4―0黒潮、黒潮8―0フォルトゥナ、西階8―0フォルトゥナ

▽順位
々潮∪廠フォルトゥナ
















▽決勝
西臼杵     3 1―1 2  西 階
          2―1
▽得点者OG、佐藤亮、橋本(臼)隈江、森泰(階)

【少年1部】
▽Aパート
城山1―1西臼杵、城山3―3東海東、上南方3―1城山、東海東3―0西臼杵、上南方4―1西臼杵、東海東1―0上南方

▽順位
‥豎づ讚⊂綟酳城山だ庄欝

▽決定戦
黒潮4―0東海東(黒潮が決勝進出)

▽Bパート
恒富6―0延岡東、延岡東4―0向洋、フォルトゥナ6―0延岡東、延岡東0―0西階、向洋4―0恒富、フォルトゥナ16―0恒富、西階4―0恒富、フォルトゥナ7―1向洋、西階2―0向洋、西階2―1フォルトゥナ

▽順位
\廠▲侫ルトゥナ1箍東じ洋ス栄戞弊廠が決勝進出)

▽決勝
黒 潮     3 1―0 0  西 階
          2―0
▽得点=甲斐3(黒)

【中学】
▽決勝
フォルトゥナ延岡8 5―0 2  西階中
          3―2
▽得点=黒木、寺原、酒井、浪井2、長友3(フ)松田2(西)。

【高校】
▽準決勝
延岡学園12―0延岡星雲、延岡2―1延岡工

▽決勝
延岡学園    5 2―1 1  延岡高校
          3―0
▽得点=大鹿、黒木優、木下、上坂、有田(延学)岡田(延高)

【一般】
▽1回戦
九州保健福祉大学3―0ペレグリン、旭陽会2―0ラボーナ

▽2回戦
九州保健福祉大学13―0けまり団、NPC2―0向洋クラブ、マヨネーズ4―0旭蹴会、旭陽会2―1マルカトーレ

▽準決勝=九州保健福祉大学2―0NPC、旭陽会4―1マヨネーズ。

▽決勝
九州保健福祉大 8 5―0 0  旭陽会
          3―0
▽得点者=有内2、黒瀬、橋本、田代、福永、末藤、宮田(九)


◇一人一人の動きを確認−少年1部優勝の黒潮主将・片伯部晴太
「最初は守備の連係がうまくいかずに悪い流れをつくってしまったが、ハーフタイムで攻守での一人一人の動きを確認してから変えることができた。優勝はうれしいけど、1人で攻めるパターンが多かったのでこれからの練習で改めようと思う」

◇気持ち切り替え一丸に−少年2部優勝の西臼杵主将・佐藤暁心
「先制されたが、円陣を組んで気持ちを切り替えたことで全員が一丸となってプレーできた。空いたスペースにボールを出せたことが得点につながった。ただ、2点を許してしまったので体を使ってボールを奪ったりキープ力を付けていかなければならないと感じた」

◇攻めの練習成果出せた−中学の部優勝のフォルトゥナ延岡主将・黒木優斗「サイドバックを基点としての攻めを練習してきて、その成果が出せた。守りも声を掛け合いながらお互いをカバーできた。課題はパス回しとボールの支配力。自信はあったが、連覇記録を更新できてホッとしている」

◇後輩たちの支えを実感−一般の部優勝の九州保健福祉大学主将・末藤孝佳「4年生の最後の試合で、1〜3年生がパスを多く回してくれた。改めて後輩たちに支えられているんだと実感した。今年の九州リーグ戦は、1勝を逃して1位になれなかった。レベルは上がってきているので来年に期待している」

その他の記事/過去の記事
page-top