【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

五ケ瀬川地域の計画案を承認

本紙掲載日:2018-12-18
3面

来年度導入の新制度踏まえ−県森林審議会

 県森林審議会(会長・中尾登志雄宮崎大学名誉教授、15人)は17日、県庁であり、来年度導入の森林経営管理制度などを踏まえた五ケ瀬川地域森林計画案を承認した。

 地域森林計画は森林法に基づき、県内五つの河川流域ごとに策定。五ケ瀬川地域は5年ごとに定めており、今回は前・後期合わせた来年4月から10年間の計画案について審議した。

 このうち新たな森林経営管理制度は、所有者が森林を適切に管理できなくなった場合に、市町村が仲介して、意欲と能力のある林業経営者に委託する。計画案には制度の活用促進を盛り込んだ。

 また、人工造林は花粉の少ない品種の苗を使用したり針広混交林とするよう推進。防災面で流木を食い止める治山ダム設置や、樹勢強化のための間伐、流路部の伐採などに取り組むとした。

 委員らは、樹木が大きく搬出困難な高齢級森林の増加や、再造林用の苗木不足などを懸念。森林管理制度では、意欲があっても小規模な地元業者は参入できないとの指摘もあった。

 県森林経営課は高齢級森林対策について、大型機械による搬出の研修会を開いたり、費用対効果の大きい林業専用道の整備を進めていると説明。苗木は生産者への手厚い助成で、再造林の負担が大幅に軽減されるコンテナ苗へ急ピッチで切り替えていると報告した。

 また、森林管理制度は条件を国の基準よりも引き下げ、小規模でも参入しやすくしたり、他者との合同運営も認めていく方針を示した。

 甲斐正文県環境森林部長は「森林計画は上意下達だが、きょう出たさまざまな意見は本県が全国に先んじて経験する課題であり、国にも伝えていきたい。市町村や各団体と協力しながら、来年度予算にもできるだけ反映していきたい」と述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top