【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

中高校生が地域医療に質問

本紙掲載日:2018-12-18
3面
中高生と現役医学部生などが意見交換

医師、学生らが回答・将来の人財育成−延岡

 地域医療を支える人材育成講演会がこのほど、延岡市であった。医学、薬学、看護学部の現役学生10人と医師3人が、県北の中高校生からの質問に回答。意見交換を通じて、地域医療への理解を深めた。

 県北の中高生に医療従事者を目指す夢を抱いてもらい、将来は地域医療に貢献する人材を育てようと、県北9市町村でつくる県北部広域行政事務組合が主催した。

 医師の負担が大きいのではと心配する高校生に、永田和己さん(宮崎大学医学科2年、延岡高卒)は実習での経験を振り返り、「看護師や薬剤師、臨床心理士などチームで動いている。チームで分担してしっかりやっている印象を受けた」と話した。

 「高校1年生でやっておくべきことは」との質問に、吉村学教授(宮崎大学医学部)は医師を目指すきっかけとなる体験をしてほしいと回答。「スイッチが入らないと勉強も苦痛でしかない。地域の問題に身を投じて、ふに落ちる体験をしてほしい」と話した。

 大学卒業後のビジョンを聞かれた本郷薫さん(宮崎大学医学部2年、尚学館高等部卒)は「県内で研修して、地域医療に貢献したい」、安藤菜々子さん(同4年、延岡高卒)は「県北の地域医療に貢献したい。子どもが好き。小児科や産婦人科を目指したい」と意気込みを話した。

 ほかにも国家資格試験に向けた勉強法や解剖の授業など高校生の心配ごとや悩み事に、現役大学生は丁寧に回答していた。

 延岡高メディカル・サイエンス科1年の上野瞬さんは「大学内でしか知ることのできないことを知れた。お世話になっている地域に恩返しができ、医師を目指している気持ちが強くなった」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top