【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高尾会長「好成績、来年も」

本紙掲載日:2018-12-17
9面
日本協会の終身審判員証を受ける児玉さん(中)と中矢さん
夕刊デイリー新聞社賞で表彰を受ける原田さん

延岡市ソフトボール協会が納会

 延岡市ソフトボール協会の平成30年度納会は15日、同市のエンシティホテル延岡であり、協会役員やチーム関係者ら約70人が出席。各表彰などがあり、和やかに1年を振り返った。

 今季就いた羽山信義理事長が「『みんなで助け合って』との思いでスタートし、協力のおかげで滞りなく大会を終えられた」と感謝の言葉で開会。高尾雄平会長が「少年から一般まで幅広い年齢層で好成績を収めた。来年も」と期待した。

 被表彰者は次の通り。

▽日本協会長賞=甲斐英二
▽日本協会終身審判員賞=中矢恒利、児玉豊行
▽九州協会長賞=浜松良夫
▽県協会長賞=渡辺幸晴、田島聖三、浮島弘明、松田朋子、高木龍也、赤木祐太、延岡工業高
▽市協会長賞=松田昭生、山崎智司、古川弘、島田聖史、富田英二、佐藤伸一、宮井龍彦
▽精勤賞=中矢恒利
▽山浦副会長賞=児玉豊行。▽優秀審判賞(中島スポーツ賞)=黒木壽美
▽最優秀審判員(夕刊デイリー新聞社賞)=原田克彦
▽全日本総合選手権・国体表彰=旭化成


◆夕刊デイリー賞に原田さん−南九州IHへトレーニング

 最優秀審判に贈られる夕刊デイリー新聞社賞は、原田克彦さん(35)=延岡市野地町。来年日向市で開かれる南九州インターハイを見据え、今年2月から35キロの減量に成功し、「また一層努力を」と表情を引き締めた。

 先輩の声掛けで小学女子チーム延岡マリーンズのコーチを引き受けたのが、ソフトボールとの出合い。当時監督で前理事長の甲斐英二さんから導かれるまま、審判員となり、今年は第1種の資格取得に至った。

 昨年末までは173センチ、120キロ。「インターハイの舞台で動けない体は(選手に)失礼」と一念発起し、2月からジム通い。トレーニングの成果で、85キロの動ける体を取り戻した。

 今季は延岡市協会の企画部長として、救命講習やフェイスブックの開設など多くの新たな取り組みも。「一口に底辺拡大といっても簡単ではない。子供たちに夢を与えるような企画、環境を考えていきたい」と誓う。ベーカリー原田の3代目。

その他の記事/過去の記事
page-top