【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

犠牲者ゼロの延岡市を

本紙掲載日:2018-11-20
1面
多くの市民が防災意識を高めた防災フェスティバル
車いすで患者を5階に運ぶ延岡看護専門学校の学生ら

国と合同で実施−長浜地区で避難訓練

◆防災フェスタと講演会も−片田教授「逃げなければ意味ない」

 国と延岡市の合同地震・津波防災訓練が18日、同市長浜地区であった。南海トラフ地震・津波の発生を想定し、防災関係機関と地区の住民、事業所が連携して避難訓練を実施し災害に備えた。近くの延岡総合文化センターなどでは防災フェスタや講演会も行われた。

 同訓練は、内閣府が採択した大規模避難訓練(全国10カ所)。延岡市は長浜地区の住民や事業所職員らが、午前8時30分の緊急地震速報で机の下に隠れるなど身の安全を守る行動を取るシェイクアウトを行い、その後、大津波警報を受け、津波避難タワーなど指定緊急避難場所に逃げた。

 市医師会病院では、午前8時30分に緊急地震速報が響くと職員が一斉に机の下に隠れ、身の安全を確保。2分後に大津波警報が伝わると、入院患者らを5階会議室に避難誘導した。隣接する延岡看護専門学校の学生も応援に駆け付け、患者を車いすや担架に乗せて階段で5階会議室に運んだ。付近住民ら約100人も次々に避難した。

 想定では地震発生17分後に津波が押し寄せるが、15分以内に避難完了。市消防本部警防課の吉田雄次さんは、「区や組が分からず集計で混乱があったので、言えるように確認していてほしい。避難場所は家族で共通認識をもっていてほしい」と講評。同病院の池田直人事務長は「全職員が対応できるようにしたい。撮影したビデオを見て教訓にしたい」と話していた。

 今回で10回目を迎える同市防災フェスタは、延岡総合文化センター駐車場で開催。はしご車の搭乗や火事、豪雨、地震などの体験コーナーのほか、消防車やパトカーなどの展示、防災グッズの展示・販売などがあり、多くの家族連れでにぎわった。家族で起震車を体験した同市の柏田一平さん(33)は「寝室にタンスなどを置かないようにしている」と日ごろの地震の備えを話していた。

 同センターでは、東日本大震災時の釜石の奇跡で知られる防災教育の第一人者で、東京大学大学院情報学環特任教授の片田敏孝さんが、「激甚化する自然災害にどう向かい合うか」をテーマに講演。防災について「行政が何を言っても市民が逃げなければ意味はない。命を守ることに対する主体的姿勢が求められる」などと語った。「犠牲者ゼロの延岡市をつくる」と題したパネルディスカッションも行われた。

その他の記事/過去の記事
page-top