【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

4度目の日展入選

本紙掲載日:2018-11-15
3面
西村さん4度目の日展入選作
西村和香さん

書家の西村和香さん「感慨もひとしお」−延岡

 組織改編後5回目となる日本美術展覧会(日展)の入選者がこのほど発表され、延岡市瀬之口町の書家・西村和香さん(本名・香枝子、和香書道会)が第5科(書部門)で入選を果たした。西村さんの入選は改組前から通算して4度目。平成最後となる日展入選に「感慨もひとしお」と喜んでいる。

 西村さんの作品は中国・唐代の詩人杜甫の五言律詩「畫鷹」。杜甫が数多く残した詠画詩(絵を見て詠む詩)の一つで、描かれた迫真の鷹(たか)への感嘆を詠んでいる。縦2・6尺(約80センチ)、横6尺(約180センチ)の和紙に行書と草書を併せた40字で、心掛けたのは「行間と字の響き合い(バランス)」という。

 今回の第5科には8543点の応募があり、うち1041点が入選した。第一報を受け取った時のことを「合格発表を待ち、吉報を喜ぶ受験生のような新鮮な気持ち」と振り返る西村さん。入選を知った市民から「おめでとうございます」と声を掛けられることも少なくなく、「多くの方の励ましと協力のおかげ。こうして気に掛けていただけるのが何よりうれしい」と感謝と喜びを語った。

 西村さんは改組前第43回(平成23年)、第45回(同25)、改組後第2回(同27)の同展で入選しているほか、これまでに宮日美術展無鑑査、延岡市美術展無鑑査、日本書芸院一科審査員、読売書法展理事など多くの栄誉を得ている。

 同じく延岡市美展無鑑査の長男西村玄洋さん(本名・寿洋)、日本書芸院二科審査員を務める長女岡一華さん(本名・亜希子)とともに日々研さんを積み、すでに来年の同展に出品する作品についても構想中。「これからも書道人として一歩一歩着実に進んでいきたい」と話している。

 改組新第5回日本美術展覧会は25日まで、東京・国立新美術館で開かれている(火曜日休館)。

その他の記事/過去の記事
page-top