【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

玉田、リベンジ完封−延岡学園

本紙掲載日:2018-11-12
9面
【女子決勝・延岡学園―都城東】優勝を決め喜ぶ延岡学園の選手たち
完封勝利を挙げた延岡学園・玉田

全日本高校男子・女子選抜ソフトボール大会県予選会

◆9年ぶり全国つかむ

 最後の打者を左飛に打ち取ると、玉田彩音は両手を高々と掲げナインと抱き合った。準優勝だった新人大会と同じ組み合わせの決勝。「一度負けた相手。絶対に勝つ」―。延岡学園は左腕エースがリベンジの完封で、29回大会以来、9年ぶりの全国をつかんだ。

 この大会、玉田は「調子が悪く、準決勝も(救援の田中)うららと野手に助けられた」。都城東は9月の決勝で0―2で敗れた相手。決勝は、気迫十分の投球を見せる。

 左腕から切れのいいストレートと、チェンジアップの緩急がさえる。ほぼ毎回走者を背負ったが、六回の2死二、三塁も力で押し切った。

 前季は接戦をサヨナラ負けする展開が多く、「厳しい場面を想定し、乗り越える力をと雰囲気を重視してきた」と松尾慎也監督。「その中でも玉田はがらっと変わり始めた」。エースの自覚を認めた。

 主将の平野汐莉は「緊張感はあったが、大切にしてきたチームの雰囲気を出せた。これからは一人ひとりが県の代表に恥じない練習を積み重ねていく」。玉田は「全国でも完封できるよう、体力や球の切れを付けていきたい」

 松尾監督は「変わり始めたがまだまだ。学校生活からしっかりと取り組み、体作りをして打力を付けたい」。2年生は大会前日に、4泊5日の修学旅行から帰ったばかり。厳しい状況を乗り越えたナインをたたえつつ、成長を期した。

その他の記事/過去の記事
page-top