【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

創作童話集「TOM」発行

本紙掲載日:2018-10-25
7面
発行したTOM第15号を手にする染矢さん(右)と後藤さん

延岡の登夢が2年ぶりに

◆8人の作品12編を収録

 延岡市の創作童話研究会「登夢(とむ)」は2年ぶりとなる作品集を発行した。会員外3人を含む8人の12編を収録している。

 作品集「TOM」は第15号でB5判100ページ。のはらりつこさん、染矢美智子さん、後藤寿子さん、坂元利子さん、林田照子さんら会員に加え、緒方裕而さん、たきざわみうさん、島津康子さんが投稿作品を寄せた。

 後藤さんの「青いうろこ」は、前号で書いた「カッパの住む村」の続編。市のPR動画「河童(かっぱ)と人魚の延岡移住計画」に触発されて書いた作品で、前号の河童に続き今号は人魚が登場する。

 染矢さんの「トリンガ山の秘密」は、大貫町にトリンガ山と呼ばれる場所があることを知り、そこからイメージを膨らませて昭和初期の延岡の暮らしを描いた。

 会員の作品は他に、のはらさん「すききらい」、坂元さん「元・暴走族タクシー」、林田さん「ひとつの硯」など。

 同会は平成4年に発足。現在は5人が所属し、毎月1回の勉強会を開くほか、公募の文学賞に応募するなどしてレベルアップを図っている。作品集は2〜3年ごとに発行している。また、同会は会員を募集している。

その他の記事/過去の記事
page-top