【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

第1回山下こだいっちゃんカップ

本紙掲載日:2018-10-23
8面
3歳クラス決勝。都甲健心ちゃん(左)が接戦を制した
「かわいい。頑張れー」と声援が飛んだ2歳クラス。工藤想ちゃん(延岡市夏田町)=左=が優勝した
子どもたちに人気のこだいっちゃん

激戦の3歳児−都甲健心ちゃんが優勝

 ペダルのない二輪車「ストライダー」を使ったタイムレース「第1回山下こだいっちゃんカップ」が14日、延岡市の山下新天街アーケード街で開かれた。2歳から小学6年生まで62人が参加し、年齢別に勝ち抜き戦を実施。最多の19人が参加した3歳クラスは同市岡富町の都甲健心ちゃんが優勝した。

 同商店街を車両通行止めにすると、ほぼ真っすぐな330メートルの会場になり、同レースに最適。屋根付きなので天気の心配もない。また、延岡駅前複合施設エンクロスの開館に伴って市営駐車場が増設され、車で来場しやすくなったことから、NPO法人ひむか感動体験ワールド(高橋勝栄理事長)が、駅まちの活性化を目的に、延岡市では初めて開いた。

 ストライダーは、サドルにまたがったまま、両足で地面を蹴ることで進む。2歳クラスは50メートル、3歳クラス以上は100メートルを2人ずつ走って競った。パイロンで仕切ったコースの外には笑顔の人垣ができ、子どもたちに声援が飛んだ。

 同商店街は今山の門前町であることから、今山大師のマスコットキャラクター「こだいっちゃん」が表彰式のプレゼンターを務め、各クラスの優勝者には金色のマグカップを贈った。

 3歳クラスで優勝した健心ちゃんは、準決勝も決勝もゴール近くで逆転しての勝利。「1番になった。楽しかった」とうれしそうだった。

 三井寿展実行委員長(56)は「一般の人に観戦してもらえるという点でも、町中でできることはいい。初回としては予想以上の人数に参加してもらえた。100人ぐらいいればもっと盛り上がるだろう。ここは全天候型でやりやすいので2回、3回と続けたい」と話した。

 同商店街とつながっているサンロード栄町では、飲食物や雑貨販売と音楽を組み合わせた「第2回ノベプラ」(延岡プラっと歩行者天国!)が同時開催され、エンクロスからサンロード、山下新天街へと多くの人が行き来した。

その他の記事/過去の記事
page-top