【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

旬鮮食材−大根葉

本紙掲載日:2018-10-23
4面
延岡市内産の大根葉

ご飯が進む菜飯「お試しを」

 野菜売り場の主役ではないが、漬物にあえ物に炒め物にと用途は広いし、ほのかな苦みと歯応えがご飯のお伴にぴったり。延岡綜合地方卸売市場の担当者に伺ったところ、11月ごろまでは出回るという。

 白い大根のおまけぐらいに思っている人もいるかもしれないが、実は緑黄色野菜並みに栄養が豊富。市場に出荷する生産者はそう多くはないが、大根を間引いた物ではなく、大根葉として出荷するために栽培する人もいるという。

 ご飯が進む「大根葉の菜飯」を紹介する。用意する物、炊きたてご飯2合分、大根葉は中心に近い柔らかい部分約200グラム、塩こんぶ、炒りゴマ、塩。

 作り方‖膾葉を食べやすい長さに切り、湯を沸かした鍋で、まず太い部分、次に葉の部分を2分ほどゆでる△罎任紳膾葉を水で冷まし、水分を絞って細かく刻む1こんぶもキッチンはさみで細かく刻んでおくで々ご飯に大根葉、塩こんぶ、炒りゴマ、塩を少々加えてよく混ぜたら完成。塩こんぶで味が付くので、塩は調整役程度でOK。

その他の記事/過去の記事
page-top