【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高い波に華麗な技日本勢も活躍−日向市お倉ケ浜

本紙掲載日:2018-10-23
3面
日本勢最高位をマークした前田マヒナ選手
技を繰り出す宮崎在住の加藤里菜選手
優勝を決めファンにサインするペイジ・ハーブ選手
大会を盛り上げたステージイベント

国際女子プロサーフィン大会−3日間の大会終了

 ワールドサーフリーグアジアが主催する国際女子プロサーフィン大会「whitebuffaloHYUGAPro」は、21日までの3日間に日向市のお倉ケ浜海岸であった。13の国と地域から52人が出場し熱戦を繰り広げた。優勝はニュージーランドのペイジ・ハーブ選手。

 今年国内で開催される最高ランクの大会。3日間とも天候は良く、会場のコンディションも安定していたという。最終日は波に高さもあり、世界トップレベルの選手たちが華麗な技で観客を魅了した。

 競技はトーナメント方式で行われ、1グループ3、4人の選手たちが一斉に海へ入り、制限時間内に繰り出した技の難易度や精度を競った。上位2人が次のラウンドへ進み、準々決勝からは1対1で競技した。

 日本勢は、昨年お倉ケ浜海岸であった世界ジュニア選手権で日本人最高位をマークした川合美乃里選手など21人が出場。6人が3回戦に残り、準決勝に進出した前田マヒナ選手が3位タイに入った。

 20、21日はエキシビションゲームとして「シンクロ」「エアリアル」の競技もあり、観戦に訪れた人たちは技が決まるたびに歓声を上げていた。

 サーフィンには、ワールドサーフリーグ運営の世界ランキングを決めるワールドツアーがあり、今大会はその一環。昨年と一昨年は千葉県鴨川市で行なわれ、日向市では初開催だった。

その他の記事/過去の記事
page-top