【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向市議会議員定数削減どうする

本紙掲載日:2018-10-16
1面

特別委−陳情者から意見を聴取

 日向市議会(定数22、欠員2)の議員定数に関する調査特別委員会(黒木金喜委員長、19人)は15日開き、現行22人から18人に削減し、来春の市議会議員選挙(5月12日任期満了)から実施するように求めた陳情書を提出した日向市区長公民館長連合会(沖田實美会長)と、日向商工会議所(三輪純司会頭)など市内経済8団体の代表から意見を聞いた。

 陳情した団体の関係者約25人が見守る中、答弁者として沖田会長と三輪会頭が出席。事前に委員から提出された質問を黒木委員長が取りまとめ、「18人の根拠は」「陳情に至るまでの経緯や議論について」「アンケートの実施方法および内容」「削減がもたらす影響などの考え方」などの質問について交互に答えた。

 18人の根拠について沖田会長は、事前に行ったアンケート調査で「18人」が最多を占めたことや、延岡市など他市を参考に議員1人当たりの人口や面積の割合などを比較して割り出したことを説明し、「議会改革の中で議員削減は避けて通れない問題。民意を反映し、行財政改革の先導役を務めてほしい」などと訴えた。

 行政監視力やチェック機能の低下を懸念する質問について、三輪会頭は「議会は少数精鋭でやっていくことが、人口減少が進む時代の流れ。スピード感を持って削減に取り組むべき」などと指摘した。

 終了後には引き続き、陳情提出団体と委員会メンバーとの意見交換が行われ、区長らから「地域のイベントで議員を見掛けることが少ない」「災害時には現場を見て、地域の人たちの声をじかに聞いてほしい」などの要望が出た。

 同委員会では12月定例会をめどに一定の方向性を見い出すことにしており、今後も陳情団体との意見交換会を随時開催する計画。

 同市議会は同連合会からの署名や陳情書を受け、平成22(2010)年の6月定例議会で議員定数を26人から4減して22人とする定数条例の改正を賛成多数で可決。翌23年4月に行われた同市議会選挙から適用している。

その他の記事/過去の記事
page-top