【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

アフリカ豚コレラ−宮崎大で緊急セミナー

本紙掲載日:2018-09-22
1面
アフリカ豚コレラについての緊急公開セミナー

農水省担当者「危機感もって」

 中国で感染が拡大し、日本への侵入が危惧される「アフリカ豚コレラ」についての緊急公開セミナーが21日、宮崎大学で開かれた。行政の担当者や養豚関係者ら約200人が出席し、専門家から最新の情報を聞いた。同大学産業動物防疫リサーチセンター防疫戦略部門主催。

 農水省消費・安全局の伴光動物衛生課課長補佐は、アフリカ豚コレラが豚とイノシシにウイルス感染し死亡させる伝染病で、口蹄(こうてい)疫などと同じくワクチンがまだ開発されていないと説明した。

 もともとアフリカだけで発生していたが、欧州やロシアに拡大し、今年8月にアジアで初めて中国でも発生。豚の生産量が世界の約半数を占める中国で感染が広がる中、養豚が盛んな九州南部や関東をはじめ、日本も厳重な警戒態勢を敷いていると報告した。

 国外から持ち込まれた感染豚の食肉や、船から運ばれた残飯を介したウイルス侵入が確認されており、現在は空港や港湾などでの水際対策を徹底。もし発生した場合は、ウイルスを囲い込むことが重要で、フェンスを張り巡らして野生イノシシとの接触防止に成功した海外事例などを紹介した。

 日本獣医師会の坂本研一参与は、国内で26年ぶりに岐阜市で発生した豚コレラとアフリカ豚コレラの違いなどを説明。症状が同じで解剖しても見分けが困難だが、ウイルスは全く異なり、豚コレラには有効なワクチンがあることを紹介した。

 アフリカ豚コレラの見分け方はウイルス検査が最も有効で、あらかじめ豚コレラのワクチンを接種した豚の死亡から察知する手法もあるという。

 岐阜の豚コレラは、国内で過去に存在したことのないウイルス型で、モンゴルなどで確認されているウイルスと同型だったという。海外から何らかの形で侵入したと考えられ、発生農場周辺では野生イノシシの死骸からもウイルスが見つかっていることから、警戒監視が続いていると報告した。

 講演後、農水省の伴課長補佐は「アフリカ豚コレラは目と鼻の先まで迫っている。生産者だけでなく一般の方も、海外から絶対に肉製品を持ち込まないことや、国外で動物に触れた場合は検疫所で指導・消毒を受け、帰国後は家畜に触れないなど危機感を持ってほしい」と訴えた。

その他の記事/過去の記事
page-top