【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

石田町に延岡南分署−延岡市消防

本紙掲載日:2018-09-19
1面
(仮称)延岡南分署の完成予想図
安全祈願祭で神事を行う関係者
延岡市石田町の市消防署南分署の建設予定地

9月19日、安全祈願祭−完成は来年9月

◆救急車配備−到着時間大幅短縮

 延岡市が、市消防署の南延岡出張所(平原町)と土々呂出張所(土々呂町)を統合して建設する「(仮称)延岡南分署」の安全祈願祭が9月19日、同市石田町の建設予定地で行われた。同分署には救急車が新たに1台配備される予定で、南部地域の救命率アップが期待される。来年9月ごろの完成予定。

 市消防本部によると、南延岡出張所は老朽化が進み、土々呂出張所は南海トラフ地震などの災害で浸水被害も予想されている。このため、両出張所を移転統合。笹目橋南詰めの石田公園内に建設する。

 延岡南分署は、約1300平方メートルの敷地に延べ床面積760・65平方メートルの鉄筋コンクリート3階建てを建設する。

 1階は車両庫、2、3階は事務所や会議室などの職員専用フロアなど。屋上の高さは12・5メートルで、津波など発生時の緊急避難場所として活用、最大で約400人を収容する面積を確保する。

 救急車の平均到着時間は、土々呂出張所管轄地域で現在よりも8分、南出張所管轄地域で3分30秒短縮され、市全体でも1分30秒早まると試算。到着時間の大幅な短縮で、救命率の向上を目指している。

 読谷山洋司市長は「延岡市の南側は、人口や商業施設なども多くある。風水害や救命率の向上などの命を守る拠点の役割に期待したい」。延岡市消防本部の富山伸消防長は「付近の住民の期待も大きいと思うので、傷病者にいち早く接触して初期手当てを迅速にできるよう、救急の拠点の役割を担いたい」と力を込めた。

 昨年の救急出動は市全体で5425件、両出張所の管轄地域へはそのうち1375件と市全体の4分の1を占めており、分署の完成、救急車の配備により、救命率の向上が期待されている。

その他の記事/過去の記事
page-top