【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

アフリカ豚コレラに警戒

本紙掲載日:2018-09-03
3面

県豚病防疫対策連絡会議

 県豚病防疫対策連絡会議(会長・三浦博幸県家畜防疫対策課長)は8月30日に県庁であり、中国で感染が広まっているアフリカ豚コレラなどの対策を確認した。

 同コレラはブタとイノシシに感染するウイルス病で、致死率は病原性の強さにより0〜100%とさまざま。日本での発生はないが、アフリカでは常在し、平成19年からロシアや東欧諸国に感染が拡大した。

 今年8月にはアジアで初めて中国で発生し、23日までに日本に近い江蘇省や浙江省など5地域まで拡大。さらに広まる恐れがあるという。

 有効なワクチンや治療法はなく、ウイルスの生存期間は室温の血液中で1年半と長く、ハムなどの加工食品にも存在。このため、日本政府は発生地域からの畜産物持ち込みを禁止するなど水際対策を強化している。

 県家畜防疫対策課は、関係者に海外渡航の自粛、リサイクル飼料の加熱処理など注意喚起。空港では関係施設に近づかないなどの呼び掛けにも力を入れていると報告した。

 不安を募らせる出席者からの質問に対し、「海外客は消毒マットを3回は踏むようになっている」「口蹄(こうてい)疫予防の消毒薬は有効」「発生農場に近い地域の餌わらは入ってこないし、現地には日本の検疫官が常駐している」などと回答した。

 昭和50年代に国内で初めて発生し全国に拡大したウイルス性のオーエスキー病については、本県は清浄化(問題なし)が確認されていると報告。現在は鹿児島、茨城、群馬県では野外ウイルス感染豚が飼養されているが、ワクチン接種が進み、清浄化が近いという。

 一方、口蹄疫は近年も中国やモンゴル、韓国で相次いで発生。同課は「まずは水際対策を強化しているが、それぞれの立場での対策にも力を入れてほしい」と呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top