【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

デイリー健康大学日向会場(中)

本紙掲載日:2018-08-30
3面
腎臓についてのクイズを楽しむ受講者

慢性腎臓病について−千代田病院・上園繁弘医師

◆沈黙の臓器・以前は心臓病などで発覚−現在、GFRで数値化し対処

 私が医者になった当時は、腎臓病はigA腎症、糖尿病腎症など病名が多かった。それを一つにまとめ、患者にも看護師や医者にも理解しやすいようにCKD(慢性腎臓病)という名前がつけられました。

 CKDで透析にならない程度の腎機能の悪い人は、心臓病や脳血管障害などで亡くなる人が多いことが分かってきました。

 昔は脳卒中や心臓病などになってはじめて気づいていました。「あの時何かしておけば」「もう少し早く数字で教えてくれていれば」というふうに、何か初期に分かるような数字があると便利だったのですが、脳血管や心臓病などは数字で予測ができません。

 しかし、CKDは血液検査でGFRという数字が分かりますので、CKDと診断されたら「心臓病や脳血管障害にも気をつけよう」というふうになります。

 アメリカの保険会社のデータによると、GFRの値が15の人はCKDではない60以上の人に比べて死亡率が6倍で、入院も心臓の病気も多くなっています。

 一方、腎臓は沈黙の臓器と言われています。実際に吐き気などの症状が出た時は、時すでに遅く、透析治療が必要となる場合があります。

 腎臓が悪くなるとまずたんぱく尿や血尿がみられます。ところが全く症状はありません。むくみ、高血圧、心不全になって、はきけなどが出だしたら透析になってしまいます。昔、透析がまだないころはそれで亡くなっていました。

 そのため定義をつくってCKDになるか、なりやすいのかを調べることになったんです。

 CKDは腎機能の程度によって1〜5に分類されます。1は最も程度の軽い人で、5は透析をしているぐらい悪い人。1と2の人を足すと232万人ですが、3〜5では1300万人もいます。1、2の人は、腎臓機能は良いけどただたんぱく尿が出ている人などです。だいたいたんぱく尿や血尿が出て病院に行くと、腎臓の機能が悪くなっていることが多いです。

 調べると、人口の8人に1人がCKDだということが平成12年ごろに理解されるようになりました。今はメタボより怖いCKDといわれています。

 欧米で医者が調べたところ、腎機能が悪いと心臓病になりやすく、たんぱく尿が出る人はさらに心臓病になりやすいことが分かりました。日本人も調べましたが同じでした。

 安心してほしいのはCKD患者の全人口には、透析になる可能性が少ない人886万人も含まれていること。ただ、その中には、心臓病になりやすい人も含まれているので気をつける必要があります。

 CKDのある人とない人で10年間を調べると、CKDの人は3人に1人が脳卒中か心臓病になっていました。要するにCKDの人は心臓病になりやすいことが分かりました。これを心腎連関と言います。

その他の記事/過去の記事
page-top