【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高齢者が住みやすい地域に

本紙掲載日:2018-08-30
1面
知事と高齢者福祉に携わる7人が意見交換したふれあいフォーラム

ふれあいフォーラム

◆知事、福祉関係者と意見交換

 「知事とのふれあいフォーラム」が29日、県庁であった。行政や施設などで福祉に携わる7人が、〃高齢者らが住み慣れた地域で安心して暮らすために〃をテーマに意見交換した。

 日向市高齢者あんしん課地域ケア推進係長の中里充宏さんは、在宅でも特別養護老人ホームと同じサービスが受けられ、かつ重症化予防の方針の下、市が行う糖尿病を患う方への療養食配食サービスを紹介し、「国が市町村独自の取り組みを奨励する中、サービスの地域格差が生まれている。是正に取り組んでほしい」と求めた。

 クリニック院長で県介護支援専門員協会長の牛谷義秀さん(宮崎市)は「医療的知識を持ったケアマネジャー(介護支援専門員)がもっともっと身近にいてほしい。そのためにも、指導的役割を担う主任職の育成に力を入れていただきたい」と要望した。

 宮崎市で自立支援型デイサービスなどを運営する金子茂稔さんは「本人が住みたい地域で住めない環境が既に出来上がっている。この危機的状況を県民が認識していないことが問題」と指摘し、啓発の重要性を強調した。

 河野知事は「いろんな意味での連携のネットワークづくりの重要性を再認識させられた。県民一人一人の意識を高めること、支え合いの機運、社会づくりに全力を挙げたい」と約束した。

その他の記事/過去の記事
page-top