【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

26日の結果−準々決勝

本紙掲載日:2018-08-27
8面
【準々決勝・東ファイターズ―大王谷ファイターズ】初回、敵失の間に生還する押川
【準々決勝・緑ケ丘クラブ―旭サンダース】初回二死二塁、投前の飛球を好捕する緑ケ丘・甲斐
【準々決勝・南方小クラブ―一ケ岡クラブ】力投する脇坂

▽第1試合
日向スラッガーズ 10000−1
岡富クラブ    5201×−8
         (五回コールド)
▽三塁打=星川(岡)。▽二塁打=中本(岡)。
[評]岡富は先制を許した初回、先頭の中野がバント安打。畦地の左前打、星川の左中間三塁打で逆転、柄本、椎葉のスクイズ、ボテランで畳み掛けた。日向スは初回、村田凌、杉田の安打などで先制したが、相手の好守に1点に抑えられた。

▽第2試合
東ファイターズ  300020−5
大王谷ファイターズ150000−6
         (六回時間切れ)
▽三塁打=古賀(大)。▽二塁打=土田(東)。古賀(大)。
[評]大王谷は2点を追う二回、四球の河野を遠田咲がきっちりと送り、菊田の左前打、古賀の中越三塁打、青木の中前打でひっくり返した。東は青柳と田村の安打と敵失で先制。五回は安打の工藤と押川が生還し、追い上げるも届かず。

▽第3試合
緑ケ丘クラブ   100012 −4
旭サンダース   200003×−5
         (六回時間切れ)
▽二塁打=上田、工藤彰(旭)
[評]旭は六回、勝ち越しを許し1死満塁から小田原が好救援。その裏、工藤彰の左中間二塁打から小田原、垂水、松田、梅田の4連打でサヨナラ。緑ケ丘は粘り強く守り、五回に柳田の中前同点打。六回も片伯部の右前打から四球で勝ち越した。

▽第4試合
南方小クラブ   40201−7
一ケ岡クラブ   10200−3
         (五回時間切れ)
▽本塁打=加門(南)。▽三塁打=加門(南)。
[評]南方は長友や甲斐の内野安打などから加門が左越え三塁打を放ち先制。三回は加門の中越え本塁打、五回は高月の右前打で突き放した。一ケ岡は終盤、守備で粘り大量失点を阻止。初回は内野安打の内倉が生還し、三回は四死球などで迫った。


◆猛追するも1点及ばず−東ファイターズ

 1点差で惜敗した東ファイターズ。青柳憲久監督は、粘り強く攻撃した選手たちを「十分やってくれた」とたたえた。

 3点を追う五回、先頭の工藤樹に「気持ちで思いっ切りいけ」と青柳監督。「負けているから何としてでも出よう」と打席に立った工藤樹は、狙った速球を左前に運んだ。

 続く押川陽々輝へのサインはセーフティーバント。「あまり自信がある方じゃない」という押川だが、狙った三塁方向に転がして好機を拡大。後続の田村渉が犠打に敵失や捕逸で2点を返し、意地を見せた。

 結果的に三、四回の逸機が響いた形で、工藤と押川は「つなぐ打撃を心掛けて次は勝ちたい」と誓っていた。


◆シーソーゲーム惜敗−緑ケ丘クラブ

 緑ケ丘クラブはシーソーゲームに惜敗し、4強を逃した。主将の甲斐夢叶は「みんな声を出しいい試合ができたけど、粘りが少し足りなかった」と充実感と悔しさをにじませた。

 初回、逆転を許し以降もピンチは続いたが先発の甲斐と、救援した片伯部光斗が粘投。三塁手下田海琴らもよく守りしのぎ、一時は逆転した。

 最終六回に再逆転を許し下田武士監督は「力不足。最後の踏ん張りが甘い。もっと打撃を強化したい」。甲斐は「もっと気合を入れて切磋琢磨(せっさたくま)し、次は(優勝旗を)取る」と力を込めた。


◆うれしい気持ち−旭サンダース・梅田翔真
(準々決勝で逆転のサヨナラ2点打)
「うれしい気持ちでいっぱい。つないでくれたので、打つという気持ちだった。次も成長した姿でもっと打ちたい」


◆終盤、粘りの守り光る−一ケ岡クラブ

 一ケ岡クラブは初回の失点が響いて準々決勝で敗退。終盤は、粘り強い守りが光った。

 3点を追う四回は1死二、三塁となったが、この回からマウンドに上がった脇坂斗空は「強い相手だけど絶対抑えてやろう」と強気の投球。後続を遊飛に打ち取った。

 遊撃手の吉田怜央は「1点も許したらいけない場面だったが、流れを引き寄せるために何としてでも守りたかった。飛球は風が強かったので緊張したけど、捕れて良かった」と振り返った。

 最終回の満塁も外野陣の好守もあって1点でしのぎきった脇坂。次の大会は「打撃を強化し、優勝したい」と前を見据えた。



その他の記事/過去の記事
page-top