【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

戦争遺品展示館の設置を

本紙掲載日:2018-08-27
1面
十屋市長に申し入れ書を手渡す福田事務局長=左=

十屋市長に要望−平和のための戦争展実行委

 「日向・平和のための戦争展」実行委員会(松井道子実行委員長)は24日、日向市役所を訪れ、十屋幸平市長に戦争遺品展示館(展示室)の設置などを要望した。

 同実行委員会は、戦時中の資料や遺品などを集めた同展を太平洋戦争の開戦日(12月8日)に近い金曜日から日曜日の3日間、市中央公民館で毎年開催している。戦争がなぜ起こったか、太平洋戦争はどのような経過をたどったかなどを、図や表などを使って分かりやすく解説。戦争遺跡の写真や軍服、千人針、防空ずきんなど貴重な戦争遺品も展示している。

 訪問したのは、事務局長の福田鉄文さん(80)=同市迎洋園=ら関係者6人。同委員会が所蔵する戦争遺品は現在、旧岩脇中学校校舎の1室に保管しているが、直射日光が強いため劣化が進んでおり、常時展示できる場所の確保や陳列棚など備品の設置を申し入れた。

 十屋市長は「ハード整備は課題が多い。別の場所に移せないか、教育委員会などで検討していく」と回答し、理解を求めた。

 他の行事との兼ね合いで開催時期が不安定という同展の開催会場については、十屋市長が「市役所1階の市民ロビーを使用いただくと、多くの市民の皆さんの目に触れるのでは」と提案すると、福田事務局長は「うれしい提案。前向きに検討させていただきたい」と話した。

 また、同委員会側は、日向市富島中学校前にある富高航空基地司令部門跡や同市日知屋の塩田の煙突跡などの戦争遺跡について、「貴重なので、ぜひ今のまま残してほしい」と訴えた。

 十屋市長は「皆さん方の戦争を風化させない活動に敬意を表したい。市内の戦争遺跡を知ることも大切。風化させないため、次世代に伝え記憶に残すようなソフト事業の取り組みに力を入れたい」と述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top