【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

岡富中の塀、大正初期の遺構

本紙掲載日:2018-08-27
1面
岡富中学校南側に約140メートルにわたり連なる「からみレンガ塀」
塀の構造を調査する県ヘリテージマネージャー機構延岡支部の会員ら

からみレンガ

◆倒壊防止へ、建築士らが保存方法探る−延岡

 大阪府北部地震のブロック塀倒壊事故を受けた延岡市の調査で、建築基準法施行令の基準に不適合と判断された岡富中学校の「からみレンガ塀」について、県ヘリテージマネージャー機構延岡支部(盒脅支部長)が25日、現地調査した。補強の方法など保存に向けた提案をまとめ、9月中に同市教育委員会に提出するという。

 ヘリテージマネージャーは地域の歴史的文化遺産を発見、保存活用し、まちづくりに生かす専門家で、同機構延岡支部は、県建築士会延岡支部の会員8人で構成。現地調査は、「からみレンガ塀」の保存方法などを研究するため、ボランティアで行われた。

 同中学校南側に約140メートルにわたって残る「からみレンガ塀」は、大正時代の初期に旧延岡高等女学校の塀として建造されたとされ、使われているレンガは旧延岡藩主の内藤家が経営した日平銅山(同市北方町槙峰)の〃からみ〃(銅を精錬した後の残り)でつくられている。

 市教委などによると、塀の高さは下段の石積み部分を合わせて約2・1メートル。石やレンガ、コンクリードブロックなどを積み上げる「組積造(そせきぞう)」と呼ばれる構造で、塀の高さなどが建築基準法施行令の基準を満たしていないため、不適合と判断した。

 現地調査は、レンガ塀裏側の部分にあたる学校側の敷地に、塀に沿って縦約150センチ、幅60センチ、深さ170センチの穴をショベルカーで掘り、土中に隠れた部分の塀の構造、施工の状況などを調査。石積みの上にレンガを積み上げた構造で、基礎がないことなどを確認したという。

 盒胸拮長は「安心安全が第一なので、レンガ塀を壊す方法も一つの大きな選択肢だと思うが、ヘリテージマネージャーとしてはいかなる形で保存ができるか、補強や移設の方法などを専門的に考え、提案したい」。市教委は「提案などを踏まえて考慮した上で、なるべく早く対応方法を決めたい」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top