【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向、富島にサヨナラ勝ち

本紙掲載日:2018-08-25
9面
【1回戦・日向―富島】中前にサヨナラ打を放つ日向・清水

第66回県高校新人野球県北大会

◆延工甲斐凜が五回無安打無得点

 第66回県高校新人野球県北大会は24日、延岡市西階球場で開幕。1回戦2試合があり、日向は2―1のサヨナラ勝ちで富島を下した。延岡工は先発の甲斐凜哉が五回参考の無安打無得点を記録し、11―0で延岡商にコールド勝ちした。

▽1回戦・第1試合
富 島  000000010 −1
日 向  000000101×−2
(富)黒木拓、富井―黒田直人。(日)畑中、野村―松葉。
▽二塁打=高橋(富)野村(日)。
[評]1点を争う好ゲーム。バッテリーの丁寧な守備が光った日向は七回、先頭の黒木拓がバント安打。野村の右越え二塁打で先制、同点の九回は川口の左前打などで1死満塁から清水がサヨナラ中前打を放った。富島は黒木拓が六回被安打1の力投だったが、援護できず。

▽同・第2試合
延岡工  13070−11
延岡商  00000− 0(五回コールド)
(工)甲斐凜―宮井。(商)池田、林田―中田。
▽二塁打=北村(工)。
[評]延岡工が攻守で圧倒。初回に北村の左中間二塁打で先制すると二回は、重黒木の2点打など。四回は単打をつなぎ打者10人で7点を奪った。先発の甲斐凜は1四球、3奪三振でノーヒッターを記録した。


◆粘って鮮やかサヨナラ−日向

 日向が夏4強のメンバーが残る富島に、鮮やかなサヨナラ勝ち。中前に殊勲打の清水謙二は「1年生が良く投げてくれたから、4番としてここで一本と思った」と喜びが弾けた。

 バッテリーが奮闘し接戦に。先発の畑中大輝が左打線を相手に丁寧な粘りの投球。二盗を2度阻止した捕手の松葉修平とともにけん制も巧みに、糸口をつかませなかった。

 前チームからのレギュラー野村元希が適時打含む2安打に好救援と〃投攻守〃で引っ張って競り勝ち。清水は「これからもミスを少なく守りからしっかりして、甲子園を目指していきたい」。最高のスタートを切った。

その他の記事/過去の記事
page-top