【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

しいやさん夫妻も出席−にぎやかに完成祝う

本紙掲載日:2018-08-25
3面
マンガ制作の経緯を話すしいやみつのりさん(右)。左は妻の幸子さん
購入者と握手するしいやさん

「マンガ・若山牧水」

◆顕彰会「顕彰活動さらに」

 郷土の歌人・若山牧水の生涯を描いた初の漫画本「マンガ・若山牧水」の発刊記念祝賀会が24日夜、延岡市内で開かれた。原作者の塩月眞さん(延岡顕彰会相談役)や、絵を担当した延岡市出身の漫画家しいやみつのりさん(埼玉県熊谷市在住)らを囲み、完成を祝福、今後の顕彰活動をさらに進めていくことを確認した。

 祝賀会には牧水の延岡顕彰会や日向市東郷町顕彰会、延岡東ロータリークラブ、しいやさんが卒業した旭中学校の同窓生らが出席した。

 著書「牧水の風景」が原作となった塩月さんは資金難を乗り越え、約8カ月かけて完成したマンガに「牧水は人をつなぐ不思議な力を持っている。だんだんと人が集まり、力が強くなる」と感慨深げ。「牧水が愛したのは人間だ。延岡と日向の顕彰会が力強く結びついて、顕彰活動が盛んになることを期待している」と話した。

 しいやさんは「酒」をテーマに描きたいと考えていたところ、牧水が大の酒好きだったのを知ったことがマンガを描いたきっかけだったと説明。「私自身も延岡出身。牧水をもっと知ってもらいたいと思っていた。単行本になると、自分で言うのも何だが、いい本になっちょる」と喜んだ。妻の幸子さんは「睡眠は3〜4時間、毎日15時間は描いていました」とエピソードを披露した。

 発行作業の中心となった刊行会の野中玄雄会長(大正大学鴨台会南九州支部長)は「誠にうれしい。マンガは実に分かりやすく、牧水の人間愛、家族愛が伝わる。延岡と日向の顕彰会が、牧水は県を代表する文化人という共通の認識を持って、顕彰活動に力を込めていきたい」と喜び。日向市東郷町顕彰会の那須文美会長も互いに協力していくと応じた。

 「マンガ・若山牧水」の制作は、牧水について描きたいと考えていたしいやさんを、旭中学校の同窓生が塩月さんと引き合わせたことをきっかけに始まった。延岡顕彰会や長年にわたって顕彰活動を続ける延岡東ロータリークラブなどが中心となって発行を準備。地域創生学部学生の受け入れなどで交流のある大正大学の100%出資会社で出版などを担うティー・マップ(T―map)が一部を引き受けたことで実現した。

 発行所は大正大学出版会。制作は大正大学事業法人(株)ティー・マップ、マンガ若山牧水刊行会(延岡顕彰会、日向市東郷町顕彰会)、延岡東ロータリークラブ、大正大学鴨台会南九州支部。

 5000部を製作。1部1200円(税別)。問い合わせは、延岡顕彰会事務局(電話延岡22・7047)、飯干商事(電話延岡32・5411)、今山大師(電話延岡32・5290)、若山牧水記念文学館(電話日向68・9511)。


◆マンガで牧水に興味を持ってほしい−しいやさんがサイン会

 「マンガ・若山牧水」の発行を記念し、漫画家のしいやみつのりさんによるサイン会が24日、延岡総合文化センターであった。

 午後3時の開始前から列ができるほどの注目ぶり。しいやさんは一冊一冊に自身の似顔絵をモチーフにしたサインを描いて手渡した。「延岡の若い人たちは牧水の名前は知っていても、詳しいことは分からないのでは。マンガで少しでも興味を持ってもらいたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top