【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

折り紙、お手玉、けん玉…

本紙掲載日:2018-08-24
3面
生徒と一緒にばんば踊りをするドイツの選手たち
折り紙を体験する選手たち
けん玉を楽しむ選手たち
合間に記念撮影する生徒と選手たち

柔道のドイツU18選手団

◆延工生と一緒に伝統文化を体験

 延岡市で合宿中のドイツ柔道連盟U18代表選手団は23日、同市緑ケ丘の延岡工業高で生徒との交流事業を行った。生徒会の企画で、日本や延岡の伝統文化を体験。一緒に踊るなど、ふれあいを楽しんだ。

 交流事業は受け入れている延岡市の主催。依頼を受けた同校(長友健祐校長)が、生徒会を中心に企画を練って当日を迎えた。

 訪れたのは18歳以下で同年代の選手計46人とスタッフら。約2時間で、生徒会や国際ボランティア同好会、ダンス部、少林寺拳法部の約40人が出迎えた。

 少林寺拳法部が演武を披露すると、選手たちは携帯端末で動画を撮影するなど興味津々。折り紙やお手玉、けん玉など日本の伝統的な遊びを生徒たちの手ほどきを受けながら楽しんだ。

 ダンス部はばんば踊りを担当。手本を見せながら一緒に輪になって踊った後は、選手たちも得意のダンスを披露した。

 女子48キロ級のベティーナ・バウアーさん(15)は「女性生徒がけん玉のお手本を何度も優しく見せてくれて、とても楽しかった。延岡は自然がきれいで、人たちも親切。練習相手の日本の選手たちとも言葉は通じなくても、仲良くできている」とうれしそうだった。

 延岡工高生徒会の植田駿大君(2年)は「初めての体験だったが、友達にもなれて毎年やりたいぐらいだった。日本語で『ありがとう』と言ってくれたのがうれしかった」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top