【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「自覚と責任と誇りを」

本紙掲載日:2018-08-22
9面

高校野球県選抜・石田監督に聞く

 高校日本代表と初めて対戦する県選抜。聖心ウルスラ学園教諭で、前監督の石田さんが監督に選ばれた。「多くの指導者の中から選んでいただいた。高校野球へ最後のご奉公」と言う石田さんに意気込みを聞いた。

−−どのような選手が選ばれましたか。
各校から推薦された3年生55人から、選考委員による選考会を経て24人が選ばれました。技術はある選手たちなので、問題はハートです。強い選手をという思いはありました。

−−決定から約1カ月。練習や練習試合の取り組みは。
投手陣をはじめ能力の高い選手がそろっています。技術に加え、取り組み方や姿勢、勝負度胸などチームにプラスになる選手を見極めていき、適材適所で起用していきたいと思っています。県立校の思わぬ好選手もいました。
最後の夏を終えたばかりでほっとしている選手もいて、最初は静かな印象でした。練習試合になると声も出て、明るさも出てきました。性格のいい選手が多く、楽しみながらまとまってきた印象です。

−−日本代表との戦いです。
県選抜と代表の試合は、日本で初めての試みで、うまくいけば今後につながると聞き、励みになります。選手たちには「自覚と責任と誇りを」と言っています。やるからには県の代表として勝とうという気持ちです。
宮崎の野球少年少女も見てくれると思うので、宮崎の選手でも日本代表と互角に戦えるというものを見せたい。やっぱり宮崎のチームだと言ってもらえるような試合をしたいと思っています。

【石田敏英さんプロフィル】
日向市美々津町出身。延岡学園高―九州産業大―鷺宮製作所で強打の内野手。26歳で母校の指導者となり、聖心ウルスラ学園の初代監督として創部4年で夏の甲子園に導いた。

その他の記事/過去の記事
page-top