【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

暑さ対策、教室も

本紙掲載日:2018-08-22
1面

全公立小中校にエアコン−延岡市

◆読谷山市長「100%目指す」

 連日の厳しい暑さで小中学校へのエアコン設置の機運が全国的に高まる中、延岡市の読谷山洋司市長は21日、市内の全公立小中学校の「普通教室」にエアコンを設置したい考えを示し、「なるべく早く取り組み、いずれは設置率100%を目指す」と述べた。

 市長は同日の定例記者会見の中で「市内小中学校の普通教室へのエアコン設置率は0%。熱中症対策などの観点からどのように考えているか」との質問を受け、考えを明らかにした。

 市によると市内の公立小中学校(小学校23校、中学校12校、小中一貫校4校)の中で、授業やホームルームなど児童生徒が学校生活の大半を過ごす「普通教室」にエアコンが設置されているところはないという。

 市長は「日常的にエアコン設置の要望はもともとあったが、最近の暑さは今までと違うと感じている。子どもたちに学ぶ楽しさを感じてもらえるような環境をつくらないといけない」と強調。

 一方で「全ての普通教室に設置するには10億円を超える予算が必要になると考える。なるべく早く設置したいが、財源の見通しが必要で今年度中に対応できるものではない」とし、「国の動向も見ながら今年度中に取り組み方針を固め、来年度から工事に取りかかり、いずれは設置率100%を目指したい」と述べた。

 文科省の調査結果によると、公立小中学校普通教室の冷房設備設置状況は平成29年4月現在、全国平均99・9%に対し本県は26・7%と大きく下回っている。設置率が最も高いのは東京都の97・7%で都道府県別に大きくばらつきがある。

 政府は「児童生徒の安全、健康を守るための猛暑対策は喫緊の課題」とし、こういった都道府県別のばらつきを解消したいと、2019年夏までに全ての公立小中学校にクーラーを設置する方針を決定。その財源を含む補正予算案を秋の臨時国会に提出することにしている。

その他の記事/過去の記事
page-top