【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

膝関節置換手術など模擬体験

本紙掲載日:2018-08-20
3面
膝関節置換手術を模擬体験する中山朋佳さん

宮崎大学医学部付属病院「ブラックジャックセミナー」

◆県北高校生も「楽しかった」

 宮崎大学医学部付属病院(鮫島浩病院長)は18日、県内高校1、2年生対象の「ブラックジャックセミナー」を開いた。県北5人を含む36人が膝関節置換手術などを模擬体験した。

 最新医療を通して人の命を救う仕事に触れ、一人でも多くの若者が本県の医療を支える医師を志す一助にと、初めて企画した。

 手術着に着替えた生徒は6班に分かれ、関節リウマチなどで変形した膝関節の表面を取り除き、人工関節に置き換える手術をシミュレーションしたり、モニター越しに実際に器具を用いながら腹腔(ふくくう)鏡手術の技術トレーニングなどを体験した。出産介助の仕事も学んだ。

 尚学館中学校高等部1年の池澤和胡さん(15)は「どの体験もとても楽しかった。一生懸命勉強して外科医になって、宮崎で働きたい」、延岡高校2年の中山朋佳さん(17)も「リアルな体験ができ、より医師になりたい気持ちが強くなった。宮大医学部に進み、外科医を目指したい」と声を弾ませた。

 鮫島病院長は「本県では医療人材育成に向け、住民、行政、医師会などと一体となったオール宮崎での支援体制ができつつある。ぜひ、宮崎で医師になってほしい」とエールを送った。

その他の記事/過去の記事
page-top