【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

緊急情報−電話やファクスで配信

本紙掲載日:2018-08-18
2面

高齢者や障害者対象、9月1日スタート−日向市

 日向市は9月1日から、高齢者や障害者を対象に災害発生時の避難情報などの緊急情報を電話やファクスで配信するサービスを始める。同市によると県内での導入は初めて。

 市ではこれまで、防災無線やホームページなどを使って避難などに関する情報を発信してきたが、「台風時は窓を閉め切っていて防災無線が聞こえない」「インターネット環境がない」などの声が寄せられていた。

 同市が導入するのは、大阪府の民間会社が開発したシステム。市が防災情報をメール配信すると、コンピューターが事前に登録した人の自宅の固定電話やファクスへ自動でつながり、自動音声や文字で情報を伝える。

 対象は携帯電話を持たない人や防災情報メールを受信できない人のうち、75歳以上の高齢者や障害者など災害発生時に特に支援が必要な世帯。

 配信される情報は、気象などに関する特別警報や地震・津波に関する情報、避難勧告や避難所開設などの避難情報、ミサイル攻撃などの国民保護情報ほか、防災に関する緊急情報。

 現在、受信希望者の登録を受け付けている。登録方法は定められた申請書に住所、氏名、配信先電話番号など必要事項を明記の上、市防災推進課(電話日向66・1011、ファクス0982・54・8747)へ提出する。ファクスや郵送でも可。

 同課は「これまで情報が伝わりにくく、避難行動に時間がかかった方々にダイレクトに情報が届くので、ぜひ登録いただき、早めの避難を心掛けてもらえるとありがたい」と話している。問い合わせも同じ。

その他の記事/過去の記事
page-top