【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

悪質!点検商法−延岡市など注意喚起

本紙掲載日:2018-08-17
1面

排水管の点検清掃−無料としつこく

◆シロアリ駆除、高額請求例も

 いきなり自宅に押し掛け、しつこく下水排水管の点検・清掃を勧める悪質な訪問セールスに関する相談が、7月下旬から8月上旬にかけ、延岡市に複数件寄せられている。中には高額な請求をされた事例も発生しており、同市上下水道局下水道課と市消費生活センターは注意を喚起している。

 市によると、寄せられた相談は「『宅内の下水排水管の点検清掃をしないか。点検は無料』と言葉巧みな悪質訪問セールスが来て困った」などといった内容。市の委託を受けているような口ぶりで勧めてくるが、市が業者に個人宅内の排水管の点検・清掃を委託することはない。

 また、悪質な訪問セールスの別の特徴としては、「このまま放っておくと大変なことになる」「すぐに点検・清掃をしないと危険なことになる。今なら安くて済む」などと家人の不安をあおり、すぐに契約を結ばせようと迫ってくるという。

 8月上旬には延岡市内の高齢者宅をセールスが訪れ、公共機関の依頼を受けた業者と思わせる話しぶりで排水管を点検。その後、「シロアリが発生している。放置すると大変なことになる」として、数十万円の高額な契約を結ばされたが、市消費生活センターに相談し、クーリング・オフで解約できた事例も起きている。

 市は訪問セールスによる悪質な点検商法への対応として、”埒海遼問を受けた場合は、身分証明証、名刺の提示を求め、会社名(担当者、連絡先)を確認する必要がなければきっぱり断るすぐに契約せずに家族や周囲に相談し、ゆっくり考えるぐ様蠅垢訃豺腓任睚数の業者から見積もりを取り、契約内容を検討する―などを挙げている。

 また、訪問販売の契約に当たる場合は、契約書面を受け取った日から8日以内であればクーリング・オフができる。8日を過ぎていてもクーリング・オフできる場合もあるため、消費生活センターに相談するよう呼び掛けている。

 市上下水道局下水道課と市消費生活センターは「相手は言葉巧みに近寄ってくるので、必要性や金額、内容などを十分に検討することや、毅然(きぜん)とした態度で臨むことが大切」と話している。悪質訪問セールスなどに関する相談、問い合わせは市消費生活センター(電話延岡22・7056)。

その他の記事/過去の記事
page-top