【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

目指す姿示すビジョン−県立図書館協議会

本紙掲載日:2018-08-17
3面
29年度の自己評価を報告した県立図書館協議会

今年度スタート−比較のため29年度を自己評価

 県立図書館協議会(10人)は8日に同所であり、計画初年度となる「県立図書館ビジョン」の成果を将来比較できるよう、平成29年度事業の自己評価が示された。

 同ビジョンは県立図書館の目指すべき姿や役割などを明確化した、30年度からの10年構想。県内の読書環境と図書館ネットワークの核として、先導的役割を担っていく。

 基本的な方向性5項目を柱に20施策を設定。具体的取り組みなど個別の43点を基準に、A〜Dの4段階で評価する。

 29年度施策はインターネットを活用したマイラインサービスでの貸し出しが前年より3割増えるなどして「市町村立図書館の支援」がA評価だった。一方、「生涯読書活動の推進」など3施策はまだ課題点が多いとしてC評価で、D評価はなかった。

 理科実験と図書紹介の組み合わせなど多くの企画や事業の実施について、委員の一人は人員や財源の不足を懸念。図書館側は「一つのモデルとして、ゼロ予算で工夫してやっている。いいものがあれば市町村で取り組んでほしい」と答えた。

 効果的な情報発信の質問に対しては、ホームページの閲覧数が前年の約4倍と急増したなどと実績を報告。金子洋士館長は「自館だけでなく県内全ての図書館を引っ張っていくと自覚し、挑戦心を忘れずに取り組んでいきたい」と話した。

 29年度分は今後、各委員からの外部評価を加え、10月中旬に公表する。同協議会は図書館の運営改善やサービス向上を目的に、教育機関や市町村立図書館、利用団体、民間企業、子育て支援団体などの代表らを委員に構成している。

その他の記事/過去の記事
page-top