【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

穏やかな流れ−ちょん掛け大会

本紙掲載日:2018-08-17
3面
大勢の家族連れらが楽しんだ「鮎ちょんがけ大会」
釣果を喜ぶ参加者

家族連れ、アユ釣り−北川漁協が開催

 北川漁業協同組合(長瀬一己組合長)主催の「鮎(あゆ)ちょんがけ大会」は14日、延岡市北川町下塚の矢ケ内川であった。台風15号の影響が心配されたものの、開催された午前中は雨もなく、大勢の家族連れなどが訪れ、穏やかな川の流れの中でアユ釣りを楽しんだ。

 ちょん掛けは、長さ2メートルほどのさおの先に刺した、かぎ状の針をアユに引っ掛けて捕らえる伝統漁法。針はゴムひもでさおに固定されていて、針に掛かったアユはその伸縮性で引っ張られる仕組みになっている。

 大会前には3千匹超に相当する300キロ分のアユが放流され、県内外からの参加者約270人は、女性、子供、一般と区分けされたそれぞれの漁場で釣果を求めた。

 持参の手作りさおにウェットスーツ、水中メガネと完全装備のベテラン勢は手慣れた様子で大物を捉え、さおを見るのも触るのも初めてという初心者勢は経験者に教わるなどしてアユに挑んでいた。

 大分県佐伯市から祖父母宅に帰省中の小学2年矢野斗翔君(8)と千葉県柏市の同4年有村洋輝君(10)は、共に毎年同大会に参加。10匹以上を釣り上げ、「きれいなアユがたくさん取れてうれしい」と笑顔を浮かべた。

 長瀬組合長は「毎年、帰省客はじめ多くの方に参加いただいている。伝統漁法や清流に触れることで、それぞれの地元の河川環境についてもより目を向けてもらえれば」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top