【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

人体の美描くLa裸展

本紙掲載日:2018-08-16
6面
さまざまな裸婦画を展示している第23回La裸展

8月19日まで−延岡アートクラブ 延岡アートクラブ(後藤光雄会長、20人)の「第23回La裸(らら)

 延岡アートクラブ(後藤光雄会長、20人)の「第23回La裸(らら)展〜人体の美を求めて」は、19日まで延岡市本小路のカルチャープラザ2階アートギャラリーとフリースペースで開かれている。入場無料。

 同クラブは、人間の骨格や筋肉の仕組みを理解し、物の形や陰影をつかむ力をつける基礎として毎年7月に人体デッサン会を実施。今年は7月19〜22日に東京からモデルを招き、会員や一般参加者30人が参加して全8回の日程で行った。

 展示会ではこのうち会員13人と一般参加者12人が描いた大きさA4サイズ〜F20号までの油彩、水彩、アクリル、木炭、鉛筆画58点の裸婦画に加え、クロッキー(速写)画34点とスケッチブックを展示。

 「同じモデルでも捉え方で表現が違うし、画材が違うので作品のバリエーションが出ている」と同展担当の上原順子さん。さまざまなポーズ、角度から描いた作品に加え、背景も明るい色や落ち着いた色、バラの花が描かれたりと多様な作品が並ぶ。

 クロッキー画を展示するのは初めて。「素描はすべての芸術の基礎である」(ジャコメッティ)といった参加者が制作でよりどころとする作家の名言や文章なども展示されている。

 19日午後2時からは一般公開の合評会も予定。上原さんは「クロッキーを含めてデッサン会の様子が伝わるように工夫しました。描く喜びを感じていただけたら」と話している。時間は午前9時から午後5時(最終日は同4時)まで。

その他の記事/過去の記事
page-top