【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

豊かな山づくり−熊森協会と意見交わす

本紙掲載日:2018-08-13
1面
延岡市が新たな広聴事業として始めた「出前市長室〜はよ来ね!市長〜」。第1回目は日本熊森協会県支部と意見交換

新たな広聴事業−出前市長室

◆20人以上対象、希望あれば実施−延岡市

 延岡市が新たな広聴事業として始めた「出前市長室〜はよ来ね!市長〜」がこのほど、同市の市民協働まちづくりセンターで開かれた。第1回目は森林の環境保全活動に取り組む日本熊森協会県支部(鶴永貴史支部長)と、豊かな森づくりなどについて意見を交わした。

 会合には支部会員ら25人が出席。市長は国の環境森林譲与税などの法律の説明や延岡市の山の現状、林業の課題などに触れながら、「保水力と生物の多様性を確保する山にしつつ、林業が成り立つような循環づくりなど、バランスをしっかり取るような政策を作りたい」と話した。

 一方、鶴永支部長は、腐葉土層のある山とない山の土を再現した模型を使い、腐葉土層のある山の保水力が優れている点などを説明。「保水力のある豊かな山づくりこそ未来への財産になる。森林環境税を使って放置された人工林を天然林に変えてほしい」など政策について要望していた。

 出前市長室は、市長が地域に出向いて申し込みのあった団体・グループと市政に関する説明や意見交換を行うことで、まちづくりへの理解と協力を求め、市民協働のさらなる推進を目指そうと、7月末にスタートした「移動市役所」とともに読谷山市長が打ち出した。

 市民や市内に勤務する人による20人以上の団体・グループ(職場、自治会、学校など)を対象に、原則市内で開く。平日午前10時から午後8時(正午〜午後1時除く。土日祝日を希望する場合は要相談)の間で開催できるが、1回の出前市長室の時間は約60分程度。

 希望者は、申し込み年月日と団体・グループ名、人数、代表者の名前・連絡先、開催場所、開催日時(第3希望まで)、説明を希望する政策分野を明記し、ファクスかメールで経営政策課広報広聴係に申し込む。問い合わせは同係(電話延岡22・7042)。

その他の記事/過去の記事
page-top