【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

4事業所に指定書−延岡市の立地企業

本紙掲載日:2018-08-10
1面
指定書を受ける修電舎の一瀬社長。後列左から新海屋の小川社長、山の山社長、センコービジネスサポートの伊庭社長

 延岡市企業立地促進条例に基づく工場などへの指定書の交付式が9日、市役所であった。事業の拡張などで市内に工場や営業所を新・増設した4社の代表者に、読谷山洋司市長が指定書を渡した。今回の指定で、同市の指定工場などの数は延べ157社となった。

 指定書を受けた4社は、修電舎(本社・延岡市大武町、一瀬直行社長)、新海屋(同・同市粟野名町、小川裕介社長)、山(同・宮崎市橘通西5丁目、山正嗣社長)、センコービジネスサポート(同・延岡市天下町、伊庭盪崋卍后法

 制御盤の配線組み立てなどを手掛ける修電舎は大武町に増設した第2工場、水産物の加工・卸売り販売などを行う新海屋は北浦町古江に新設した工場(北浦ベース)、包装資材や事務用機器などの卸売りをする山は卸本町に増設した延岡営業所、コールセンター事業などを展開するセンコービジネスサポートは天下町のSBSフォーラム延岡第15期増設が、それぞれ指定された。

 交付式では、読谷山洋司市長が指定書を手渡し、「さまざまな分野の革新的な新たな挑戦、さらなる拡大の舞台に延岡を選んでもらったことをうれしく思う。市としても精いっぱい応援をしていきたい」とあいさつ。代表して新海屋の小川社長が「4社は延岡市に増設・新設し大きな設備投資を行った。今後もさらなる成長・発展を目指したい」と意欲を語った。

 指定書の交付を受けた事業所は、固定資産税の課税免除(3年間)や雇用促進奨励金などの優遇を受けることができるようになる。4社の指定については、市長の諮問を受けて審議を進めていた同市企業立地審議会が8月6日、「指定をすることが適当」との結論を答申していた。

その他の記事/過去の記事
page-top