【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

談話室−特別列車でまつり宮崎へ

本紙掲載日:2018-08-09
3面

田代MRTアナウンサーが呼び掛け

 「一緒に沿線市町村の振る舞いを味わい、祭りを楽しみましょう」と話すのは、大の鉄道ファンというMRT宮崎放送アナウンサーの田代剛さん。18日に延岡―宮崎駅間で運行する「まつり宮崎」の特別列車で案内役を務める。

 特別列車は、宮崎市で開催の「まつり宮崎」に合わせて運行。午後2時2分に延岡駅を出発し、門川駅、日向市駅、都農駅などで停車し、午後4時8分に宮崎駅に到着。祭り会場でステージイベントやグルメを楽しむ。復路は各自の都合に合わせて特急か普通列車で帰る。宮崎発―延岡行の最終便は午後11時49分発の特急列車。

 各駅では特産品を使った軽食などが振る舞われ、車内では田代アナウンサーがトークを展開する。

 利用する車両は713系。国鉄時代からの車両で、九州内で走るのは宮崎のみ。当日はオリジナルのヘッドマークを装備するため、「ファンにはたまらない車両」と田代アナウンサー。「電車に揺られ、非日常な時間で家族や友人たちと思い出をつくってもらいたい。祭りに行く前に、一緒に〃前車祭〃を楽しみましょう」と呼び掛けている。

 チケットは1人4000円(小学生2500円)。祭り会場の「ご当地グルメコンテスト」で利用できる500円チケットも含まれている。申し込みはJR宮崎駅旅行の窓口(筍娃坑牽機Γ横粥Γ横僑横供法

 写真は、左から宮崎総合鉄道事業部の加藤裕二さん、MRTアナウンサーの田代剛さん、JR九州で郊外実習中の宮崎南高の菊池将太教諭

その他の記事/過去の記事
page-top