【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平和を祈り、広島〜長崎ラリー

本紙掲載日:2018-08-08
3面
ヒストリックカーで広島市から長崎市を目指している「ピース&カルチャーラリージャパン」の参加者

ヒストリックカー、高千穂で交通安全も祈願

 年式の古いヒストリックカーで世界の平和を祈りながら走行する「ピース&カルチャーラリージャパン」が6日に広島市をスタートし、約600キロ離れたゴールの長崎市を目指している。7日にはコース途中の高千穂町にヒストリックカー5台が入り、参加ドライバーら約20人が高千穂神社を参拝、世界平和と道中の交通安全を祈った。

 同ラリーは、歴史や宗教を超えた平和と友情の輪を広げようと、2017年にモナコで始まったプロジェクト。その一環として、今年5月下旬から6月上旬にはモナコ―ロシア・サンクトペテルブルクの往復約7千キロを延べ12台のヒストリックカーで走破した。さらに、東京五輪・パラリンピックが開催される2020年にはモナコ―ロシア―日本約1万5千キロのラリーも計画しているという。

◆60、70年代の名車で走行

 広島市―長崎市のラリーは、2年後の挑戦に向けたプレ走行会として企画。プロジェクトを創設したベルギー人のジョン・タメンヌさん(55)、主催団体の「エクスプローラーズクラブピース&カルチャーラリージャパン」の河村博光代表(47)らドライバー約20人が参加し、「ポルシェ356ロードスター」「メルセデス・ベンツ280S」「フィアット500アバルト」など1960年前後から1970年代に生産された名車に乗って走行している。

 一行は、6日に広島市をスタートし、しまなみ海道を経由して愛媛県へ。翌7日はフェリーで大分県に入り、東九州自動車道、国道218号を経由して高千穂町に到着した。参拝に訪れた高千穂神社では、タメンヌさんと河村代表が神前に玉串をささげた後、三田井地区神楽保存会による神楽「杉登」を拝観するなどした。

 一行は8日に熊本県からゴールの長崎県に入り、9日に長崎市で開かれる長崎原爆犠牲者慰霊平和記念式典に出席する予定という。

 タメンヌさんは「世界で唯一の被爆国から世界平和を訴えていきたい。今後も世界各地でのラリーも計画し、プロジェクトの意義を広めていきたい」、河村代表は「ラリーを通じて多くの方々と交流し、世界の平和に向けてアクションを起こしていこうというメッセージを伝えることができれば」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top