【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

エイサーが里の夏彩る

本紙掲載日:2018-08-07
8面

第31回うなま地蔵夏祭り−美郷町北郷

 地蔵の里の夏を彩る「第31回うなま地蔵夏祭り」「第10回エイサー交琉祭みさと」が4日、美郷町役場北郷支所横のすまいる広場で開かれた。地元の「うなまエイサー流星會(かい)」や日向市大御神社の天翔獅子保存会、特別ゲストで西都市出身の歌手「JILLE(ジル)」やエイサーの名曲「ミルクムナリ」を創作した日出克などが、町内外からの来場客を魅了。北郷音頭や祝い事の際に踊る沖縄の「カチャーシー」には、大勢の老若男女が参加して会場が一体となり、フィナーレの花火まで笑顔と歓声があふれた。

 祭りは雲一つ無い青空の下、美郷北学園の児童・生徒による合唱や合奏、鼓笛で開幕。地元の女性でつくるKBCレクダンスは、ヒマワリの花飾りを腰に着けた華やかな衣装で流麗なダンスを披露した。

 沖縄県豊見城市の小学生と北郷子ども会の小学生とのエイサーには、今回から同町西郷の田代小学校の5年生も加わって堂々とした踊りを発表。火伏せ太鼓「うなま天神太鼓」は勇ましい掛け声とともに壮大な音を響かせた。

 この後「第10回エイサー交琉祭みさと」がスタート。北郷の子どもでつくる「絆」、豊見城市の「城(ぐすく)太鼓」、九州保健福祉大学の「琉球魂」、海外にも支部がある「琉球國祭り太鼓宮崎支部」、「うなまエイサー流星會」が迫力満点の勇壮なエイサーで盛り上げた。

 JILLEは力強い歌声で、日出克はエイサー団体と歌と踊りのコラボレーションで観客を魅了。天翔獅子は雄々しい舞を披露し、ステージ下に駆け降りると、集まった子どもたちの頭をかんで回った。

 盆踊り「たかなべ」や北郷音頭総踊りには、大勢の人がステージ前で輪をつくり、笑顔で参加。沖縄の方言で〃交ぜる〃という意味がある「カチャーシー」にはさらに大勢の人が集まり、出演者や来場客も交じって踊りを楽しんだ。

 会場には、広場を囲むように商工会などによる出店がずらりと並び、食欲をそそる香ばしい匂いで祭りムードを演出。特設テント内は、地元の特産品などを堪能しながら談笑する家族連れなどでにぎわった。

 西日本豪雨の被災者への募金箱も設置しており、出演者が寄付を呼び掛け。美郷北学園の児童生徒は会場内のごみ拾いや分別を行い、美化活動に励んだ。

その他の記事/過去の記事
page-top