【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ごみの分別はしっかりと

本紙掲載日:2018-08-07
3面
古紙の分別作業を行う子どもたち

夏休み子ども体験ツアー

 延岡市の主催する第24回夏休みこどもごみ体験ツアーが2日、同市長浜町の市クリーンセンターであり、市内の小学4〜6年生50人が参加して、ごみの処理やリサイクルについて学んだ。

 開会行事で日程の説明とグループミーティング、班分けなどを行い、ごみ問題に関するビデオを鑑賞。リサイクルプラザゲン丸館では古紙の分別作業に挑戦した。

 職員が古紙の山を新聞と雑誌、段ボールに分ける理由と手順の説明。佐藤光春館長が「ここでは資源ごみをリサイクルできるようにして次の行程に持って行きます。新聞の束の中に、クリアファイルやティッシュの箱が入っていたりすると新聞としてリサイクルできません。お家でも新聞と段ボール、雑誌の分別に協力してもらえるようにお父さん、お母さんにお願いしてください」と呼び掛けた。

 子どもたちは軍手とはさみを手に作業に挑戦。新聞を束ねているひもを切って新聞、チラシ、雑誌をそれぞれに分けてベルトコンベヤーへ投入。中には「新聞の中にチラシが交じっていますよ」とチェックされる子もあった。

 保管庫では分別され圧縮された紙の束を見学。新聞紙は約900キロ、段ボールは約1000キロ、雑誌は約1200キロの塊になることや、一度にトラックで12〜13個ずつ搬出されることなどの説明を受けた。

 また、ごみ収集車の見学では回転板の部分を開けてバケット広さや、収集したごみを出すための機械の動きなどを確認した。

 3班の班長を務めた岡田葵さん(南小5年)は「家庭から出たごみがどういうふうにリサイクルされているかよく分かりました。これからはもっとごみを減らそうと思います」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top