【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

八戸小、2020年3月閉校へ

本紙掲載日:2018-08-06
1面
日之影町の八戸小。2020年3月で閉校方針という

児童数、年々減少

◆式典開催など地域で協議−日之影町教委

 日之影町教育委員会は、児童数の減少などを理由に八戸小学校(日高伸校長、16人)を2019年度末に閉校することを決め、地元の公民館や保護者らと閉校式典の開催や記念誌の作成、統合先の小学校などについて話し合いを進めている。

 町教委によると、八戸小は昭和33年に新町小と星山小が統合して創立した。児童数は34年の584人をピークに、その後は増減を繰り返しながら徐々に減少。今年度は初めて20人を割り込み、来年度以降も増加が見込めない状況となっている。

 こうした状況を踏まえ、町教委は昨年2月に同小を「2020年4月をめどに統廃合する」との方針を決定。町議会への報告や、保護者、地域の人たちとの意見交換を重ねるなどして理解を求めてきたという。

 統廃合に向けた準備を円滑に進めるため、今年5月には地元の公民館や保護者らの代表23人と「八戸地区活性化協議会」を発足。閉校式典の開催や記念誌の作成などについて話し合いを進めている。今後、統合先となる小学校の選定、スクールバスの運行を含めた通学方法、学校独自の取り組みを統合先の小学校で継続するかどうか、閉校後の跡地活用などについても検討し、「八戸地区地域活性化計画」として取りまとめる予定という。

 町教委は「地域や保護者の皆さんと協力しながら閉校に向けた準備を進め、跡地利用を含めた八戸地区の活性化についてもしっかりと考えていきたい」、同協議会の会長を務める高見一行さん(60)は「母校であり、PTA会長も務めた小学校が閉校してしまうのは寂しいが、致し方ない思いもある。地域の方々や卒業生などにも力を借りながら、いい形で閉校の日を迎えられるように準備していきたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top