【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

市長に中玉トマト贈る

本紙掲載日:2018-08-03
2面
読谷山市長に中玉トマトを贈る中村会長

上鹿川地区の生産者会−延岡

 延岡市北方町の上鹿川地区中玉トマト生産者会(中村義幸会長)は1日、延岡市役所を訪れ、収穫の季節を迎えた中玉トマトを読谷山洋司市長に贈った。

 市長室で行われた贈呈式では、中村会長が「より良い中玉トマトを作っていくので、PRをよろしくお願いします」とあいさつし、光沢のある中玉トマトを読谷山市長に手渡した。

 読谷山市長は早速、試食。「甘みと酸味がちょうどいい」と絶賛。今後のアピールに意欲を示しながら、「ふるさと納税の返礼品にぜひ手を挙げていただきたい」と促した。

 標高500メートルの上鹿川地区では、昭和63年から寒暖の差を生かしてミニトマト栽培が始まった。

 平成13年度からはより収益性の高い中玉トマトへと移行。同21年度からは安定した生産が見込める品種「シンディースイート」の作付けを始め、今年度からはさらなる生産量の増加を図るため、病気に強い新品種「SC2―505」を導入。4戸の生産者が約25アールの耕地で生産に取り組んでいる。

 同会によると、今年は昨年を3トン上回る15トンの収穫を見込んでいる。収穫されたトマトはJA延岡を通じて宮崎中央卸売市場に出荷されるほか、道の駅北方よっちみろ屋、ふるさと市場などの店頭にも並ぶ。

その他の記事/過去の記事
page-top