【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

子育てサポート企業−くるみん認定

本紙掲載日:2018-08-03
1面
くるみん認定を受けた日新興業の河野社長(左)と愛育福祉会の眦舁事長

日新興業(建設業県内初)と愛育福祉会

 延岡市の日新興業株式会社と社会福祉法人愛育福祉会が「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けた。日新興業は建設業として県内初。愛育福祉会は平成27年に次いで2回目。

 日新興業(河野孝夫社長)は男性社員の子育てに関する休暇取得促進などを目標に設定。これまで3人の男性社員が子の看護休暇を取得するなどした。

 愛育福祉会(眦臚理事長)は未就学児を持つ職員の終始業時刻の繰り上げ・繰り下げ制度の周知拡充や有給休暇の取得促進を図り、成果を挙げた。

 認定通知書交付式は2日、延岡市役所であった。宮崎労働局の田研一局長が河野社長と眦舁事長に通知書を手渡し、「今後もリーディングカンパニーとしてこれまで以上に尽力し、これを機に多くの企業がくるみん認定を受けることを願っている」とあいさつした。

 河野社長は「身の引き締まる思い。建設業第1号として、社員一同となって日々精進する」、眦舁事長は「国の働き方改革も視野に労働環境整備に一層精進する」とそれぞれ述べた。

 認定された企業は、名刺やホームページなどに「くるみんマーク」を掲載でき、雇用環境の良さを広くアピールできる。河野社長は「社として若手労働力の不足が目立っており、待遇や福利厚生を改善してみるなど努力しているさなか、この制度を知り挑戦した。効果を期待している」と話した。

 くるみん認定は、全ての子どもが健やかに育つようにと定められた次世代法(次世代育成支援対策推進法)による。企業は仕事と家庭の両立を支援するために、雇用環境、労働条件を整備し、一般事業主行動計画を策定。これを策定した企業のうち、目標を達成し、一定の基準を満たした企業が申請することで認定を受けられる。

 宮崎労働局によると、今回で県内企業の認定は30社。延岡市内では6社、県北では8社になった。

その他の記事/過去の記事
page-top