【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ジャンボリーへ抱負語る

本紙掲載日:2018-08-02
2面
市長を訪問したボーイスカウト宮崎連盟派遣団のメンバーら

ボーイスカウトが市長を訪問−延岡

 4年に1度開催される国内スカウト運動最大の国際キャンプ大会、第17回日本スカウトジャンボリーに参加する「ボーイスカウト県連盟派遣団天孫降臨ひむか隊」の県北地区の小中高生と指導者が7月31日、延岡市役所の読谷山洋司市長を訪問し、「精いっぱい楽しんできたい」などと抱負を語った。

 ジャンボリーは8月4〜10日の6泊7日、能登半島の先端にある石川県珠洲市で開かれる。全国の小学6年生〜高校3年のスカウト約1万1000人と海外12カ国約600人、スタッフら約1800人の計約1万3000人が参加。国内外の仲間たちとテントで寝泊まりし、キャンプなどの野外活動やアトラクションなどを通じて交流を深める。

 延岡市からは、指導者3人とスカウトが延岡第1団ボーイ隊の松田宇矢さん(伊形小6年)と秦広憲さん(西小6年)、延岡第4団ボーイ隊の中元寺紗希さん(尚学館中等部2年)、同団ベンチャー隊の冨田あさひさん(宮崎日大高1年)と佐藤晃未さん(尚学館高等部1年)の5人が参加する。

 4月から事前訓練に励んできたというスカウトたちは、「思いっきりはじけてきたい」「たくさんの仲間と楽しめるよう頑張りたい」「長い期間のキャンプは初めてだけど頑張りたい」などと意気込みを語った。

 指導者の延岡第1団ボーイ隊隊長の寺崎尚男さんは「一番は楽しむこと。全国の仲間と触れ合い、何かを持ち帰って成長してくれるだろう」と期待を寄せた。

 読谷山市長は「初めての環境で仲間と力を合わせることは成長できる。たくましく、元気になって帰ってきてください」とエールを送った。

その他の記事/過去の記事
page-top