【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

北川河川敷、大量に散乱

本紙掲載日:2018-08-02
3面
長井大橋近くの河川敷に捨てられていたごみの一部(提供写真)

レジャー客、ごみポイ捨て−延岡

◆地元の人が回収、捨てないで

 夏休みが始まり、本格的なキャンプシーズンに突入。記録的な猛暑日が続く今年は特に、河川敷へと足を伸ばす行楽客が多い。県北各地の川沿いでも清流の涼を求める家族連れなどの姿が目立つが、一部のキャンプ地では地元住民が頭を悩ませるケースもある。

 延岡市北川町の長井大橋そば河川敷では22日、レジャー利用者が捨てたとみられる大量のごみが見つかった。空き缶やペットボトル、おむつなどが広い範囲に散らばっており、発見した伊藤昇川坂区長らが片付けたところごみ袋(40リットル)4袋分が集まった。

 伊藤区長は「前日、週末レジャーを楽しむ人たちの姿を見かけてはいたのですが、さすがにその時点で注意はしにくい。自然を汚すことのないよう自覚をもってもらいたい」と話している。

 同町では、祝子川キャンプ場やホタルの宿などの宿泊施設のほか、ホタル観賞やカヌー川下りができる北川河川敷が行楽客から高い支持を得ている。市は、川内名深瀬の潜水橋付近など特に人気が高い同町内5カ所で、仮設トイレを設置するなどの対応を取っているが、自然環境や景観の保護は個人の基本的なマナー、モラルによるところが大きい。

 北川総合支所地域振興課は、河川およびその周辺利用にかかる注意事項として、ゞ疥拊鷦崗譴發靴は他人の迷惑にならない場所への駐車簡易トイレ・水遊び用幼児おむつの持参ペットを川の中で遊ばせないげ个了亘、ごみの持ち帰りの徹底ッ戮せ間帯の花火や騒音を避けるα水時には近づかない―などを提示。「トイレについては仮設のほか公民館や駅など公共施設も利用していただけます。漁協や市民団体の方々はじめ官民一体で河川環境、景観保持のために努力しています。大切な自然を未来に残すためルールとマナーの順守をお願いします」と呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top