【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ひょっとこの笑いの力で活性化

本紙掲載日:2018-08-01
7面

日向ひょっとこ夏祭り実行委員長・岩本倫尚さんに聞く

 第35回日向ひょっとこ夏祭りの見どころ、思いなどを祭り実行委員長の岩本倫尚さん(40)に聞いた。

−−今年から実行委員長を務めますね。就任のいきさつを教えてください。
○……実行委員会に入ったのは27歳ごろです。それまで実は、ひょっとこ踊りを踊ったことはありませんでした。先輩からの勧めもあり、イベントをつくり上げたり、まちを活性化させることに魅力を感じて入りました。
昨年まで8年ほど副実行委員長を務めさせていただきました。今回は、前実行委員長の是沢利保さんからまず指名があり、その他の委員の皆さんに認めていただきました。

−−入会まで踊ったことはなかったとのことですが、現在の腕前はいかがですか。
○……一応踊れますが下手です。これで「踊れる」と言ったら保存会の人たちに怒られるかもしれません。先日も踊ったのですが、みんなビックリしてました。是沢さんはすごく上手です。私は、過去の実行委員長の中で下から1、2位を争うかもしれません。でも、ひょっとこ踊りに対する思いは強いですよ。

−−ひょっとこ踊りの魅力は何ですか。
○……東日本大震災の被災地に当時の内山雅仁実行委員長らが慰問に行きました。ひょっとこ踊りを披露すると、落ち込んでいる方々を一気に笑いに包むことができました。泣きながら笑っていらっしゃる被災者もいました。
みんなを笑わせる力がひょっとこ踊りにはあります。シンプルなので踊ろうと思えばその場で入ることができますしね。ちょっと、際どい部分もありますが、それもまた面白いのかもしれません。

−−今年の祭りは35周年です。見どころや抱負をお聞かせください。
○……今までにないジャンルのコラボレーションとして市内の学生によるビックバンドの演奏や空手の演武もあります。第30回の時に「てげてげ日向ひょっとこ大使」に任命させていただいたタレントの大田明奈さんを招き、特別審査員をしていただきます。
また、宮崎銀行やイオン日向店などの駐車場でトラックビジョンの映像を放送します。祭り中は宮銀前で生中継をします。祭り開始前の午前やメーンパレード前の時間帯にはイオン日向店やザ・ダイソーメルクス日向店で放送し誘客を図ります。
とにかく観客、踊り手、実行委員会、皆さんに楽しんでもらい、笑って帰れることが一番です。メンバーは優秀な人ばかり。成功に向けてしっかりと対応したいと思います。

【プロフィル】昭和52年、日向市日知屋出身。40歳。北町に妻、娘、息子と4人暮らし。今年は5歳の娘がおかめ、3歳の息子がキツネで初参加。「妻は子どもの世話役、両親は観客。3世代で参加します。子どもたちは家で練習してますが、既に私より上手です」と話す。

その他の記事/過去の記事
page-top